Windchill での CAD データ管理に関する無料のヒント

PTC University の経験豊かなインストラクターが、Windchill で Creo データを管理する際のヒントとテクニックをご紹介します

Windchill での CAD データ管理に関する無料のヒントをダウンロードしましょう

Windchill は Creo (CAD データ管理対応) と緊密に連携し、前者が PLM ツールの役割を果たす一方、後者はオーサリング機能を提供します。Windchill および Creo を導入するお客様の経験レベルはさまざまです。長期間これらのソフトウェアを利用しているお客様は製品の裏も表も知り尽くしていますが、まったく初めて使うというお客様もいます。

ご利用経験のレベルにかかわらず、Windchill ソリューションなら、Creo を併用しながら、あらゆるタスクを実にさまざまな方法で実行できます。その中には、明確な方法もあれば、そうでない方法もあります。

この最新の技術白書には、ほとんどのユーザーが導入方法を知らないヒントやテクニックが詳述されています。一般的なタスクを実行するための複数の方法を知っていれば、自分に最適な手法を選択することができます。

この技術白書で取り扱う内容は次のとおりです。

  • 簡略表示の外部化
  • CAD ファイルの自動関連付け
  • ローカル キャッシュ フォルダへのアクセスの管理

この機会を逃さず、今すぐ無料の技術白書をダウンロードしましょう。