従業員の生産性の向上

不景気のときにトレーニングに投資

組織の生産性を高めるための戦略を学ぶ

厳しい経済状況では、ほとんどの企業が無駄のない経営を実践しています。コスト削減策の一環として多くのリストラやあらゆる業種で雇用の引き締めが続いています。このため、企業は既存の従業員で凌がざるを得ません。これに関して、組織のリーダーが忘れてはならないことが 2 つあります。それは、効率性と有効性です。

究極的には、従業員の業務が、その役割の効率性と有効性に作用するため、組織の生産性に直接的な影響を与えます。

組織は、こうした業務の改善に投資することができます。しかし、多くの場合はコストが厳しく管理されているため、組織のリーダーたちは「従業員の業務の改善に投資することには本当に価値があるか?」という難しい質問を突き付けられます。

この技術白書のポイント:

  • 不適切な作業慣行がもたらす直接的な影響と隠れた影響
  • トレーニング プログラムの投資利益率の計算式
  • 優良なトレーニング プロバイダの主な特徴

チームや組織全体を管理する立場にある方なら、業界アナリストのチャド・ジャクソン (Chad Jackson) 氏によるこの新しい技術白書は必読です。

「厳しい時代には有効性と効率性が重要」 – チャド・ジャクソン (Chad Jackson) 氏