展開サービス

PTC のソリューションにより価値創出までの時間を短縮

時間、コスト、リスクを最小化する構成済みの柔軟なアプローチ

テクノロジベースのソリューションの導入では通常、2 つのアプローチのどちらかをとります。

  • "クイックスタート" アプローチでは、事前にパッケージ化された製品を使用して新しいソフトウェアを迅速に稼動させます。問題は、主に "稼動開始" にフォーカスしているために、個別の環境に適応するための柔軟性が乏しいことです。
  • "要件主導型" アプローチは柔軟性が高く、価値にフォーカスしますが、プランニング、討論、カスタマイズという終わりのないサイクルに捕らわれて停滞することがよくあります。

PTC の Value Ready Deployments では、両方のアプローチの長所を組み合わせています。PTC のすべてのソリューションをサポートするように設計された Value Ready Deployments には、構成済みのベースライン製品に加え、PTC の経験とベスト プラクティスに基づくテンプレートとガイドラインが含まれます。企業が短期間で稼動開始できることを目的としながら、個別の環境と優先度に合わせて構成する柔軟性も備えた、強力な基盤を提供します。

PTC クラウド サービスが含まれることで、サポートするインフラストラクチャを購入する手間がかからず、すぐに導入環境を利用できます。また、組み込みの導入と教育により、ソフトウェアの稼動開始だけでなく、ビジネス上の影響と価値に確実にフォーカスすることができます。

その結果、最小限のリスクで、迅速かつ低コストで柔軟な導入が可能になり、最短の時間で価値創出が実現します。