電子ブック: 構想設計の近代化を検証する

構想設計の見直し

無料の電子ブック

新製品開発の初期段階である構想設計は、製品の革新性と市場性を左右します。しかし同時に、設計を製造に移すまでにかかるコスト、知的財産 (IP) の安全性など、ほかの要素にも影響を与えます。

CAD テクノロジーが製品とプロセスに与える影響とはMaking the case for modernizing concept design cover

業界アナリストでありブロガーでもあるチャド・ジャクソン (Chad Jackson) 氏が著した電子ブック「Making the Case for Modernizing Concept Design (構想設計の近代化を検証する)」では、構想設計の問題に焦点が当てられており、プロセスを大幅に改良できるテクノロジーについての考察が行われています。

この電子ブックの内容

  • 現状のツールと手法を比較
    物理的なスケッチから 3D モデルまで、概念設計におけるすべてのツールとアプローチには長所と短所があります。
  • 新世代の構想設計についての考察
    複数ツールの使い分け、高い相互運用性の実現、プロセスの改善といったニーズに対応する方法をご説明します。
  • 知的財産管理のベスト プラクティスを紹介 新しいテクノロジーは、構想設計とそこに取り込まれている貴重な IP を管理、一元化、保護します。その有効性についてご説明します。

製品開発においてマネージャの方々や意思決定者の方々に、「構想設計プロセスを見直すタイミング」を考える良い機会として、この無料の電子ブックをお勧めします。