Servigistics Multi-Echelon Optimization

カスタマー サービスのレベルを最大限に高める

Servigistics Multi-Echelon Optimization では、高度な最適化ソルバによって最もコストが小さいソリューションを割り出し、多階層のサービス ネットワーク全体で目標とするレベルのサービスを達成できます。これにより、最適な在庫レベル目標を算出し、目標とする即納率で顧客のニーズを満たすことができます。また、予想される入荷の遅れや効果的なリード タイム、顧客が目にするネットワーク全体の即納率を算出し、限界分析によって最適な在庫戦略を割り出すこともできます。部品と地域の組み合わせに基づく在庫レベルの生成プロセスの機能も拡大されています。各部品の修理、補充、調達ネットワークを広範かつ総合的に解析した結果に基づき、目標とするサービス レベルと予算制限を達成するための在庫に関する推奨事項が提示されます。

Servigistics Multi-Echelon Optimization の特長とメリット

  • さまざまなレベル、地域、部品全体のプランを策定し、目標とするサービス レベルを実現できる最小限の在庫を割り出すことができます

  • すべての従属地域が利益を得られるよう、ニーズを下回らないように販売ネットワーク全体を最適化できます

  • さまざまな機能を利用し、製品、地域、顧客、部品の特性で差別化したサービス戦略を最適化できます

  • サービス レベルの目標と新しい仕入予算、投資目標を連動させ、最適な在庫プランを策定できます

  • 状況に応じた最適化により、サービス案の what-if (仮説) 分析や状況の最適化結果の比較を行うことができます

  • 設定を編集できるしきい値ベースのレビューや在庫プランの承認を行うことができます

  • 在庫コストを大幅に節約できます (通常は 25 ~ 40 %)