Servigistics K-Curve Cycle Stock

発注プランニングの業務手法

Servigistics K-Curve Cycle Stock では、年間使用、オーダー回数、部品 / ペア コスト、オーダー回数セットなど、オーダー回数別に部品の最適な ABC 分類を構築することで、オーダーの量を特定してオーダーのプランを策定する業務手法を利用できます。シミュレーションを実行し、オーダー回数のさまざまなセットに対するサイクル在庫と作業負荷の処理コストのトレードオフを評価できます。全体的な業績評価指標、作業負荷、在庫から目標を設定し、そこからオーダー回数を取得することができます。その後、最適な交換曲線 (作業負荷と在庫) を算出し、システムの稼働ポイントに関する意思決定を下すことができます。

Servigistics K-Curve Cycle Stock: 特長とメリット

  • シンプルかつ体系的にオーダー回数の分類を評価できます

  • 最適な分類を構築し、特定のキャパシティで作業負荷に対処できるようサイクル在庫を最小化できます

  • シミュレーション上では、オーダー回数を通常の 3 セットから 7 セットに増やすことで、在庫数を 10 ~ 15 % 削減できることがわかっています

  • シナリオ管理に対応します