モノのインターネットがサービス ライフサイクル管理に革命を起こす

サービスを自在に提供: モノのインターネットがサービス ライフサイクル管理が次のレベルに押し上げる

製品を製造しサービスを提供するビジネスは、常に変化していますが、モノのインターネットがそのペースを加速させています。インターネットを介して作成者やオペレータとつながる製品や機器が増え、製品同士、機器同士も接続されるようになってきています。

接続機能を持つスマート製品がフィールド サービスを変える

貴社は、絶え間なく変化し増え続けている市場のテクノロジ ニーズに応えられるよう進化していますか。

この質問に「はい」と答えた場合、貴社には接続可能でスマートな製品があるに違いありません。こうした製品のセンサーとモニターは、すばらしいデータ ソースとなります。このようなデータを活用して予測作業やリモート操作を行いサービス提供を改善することで、競争力を獲得していくことができます。また、これらのデータを、組織のエンジニアリング部門やその他の部門と共有して活用することが、製品とサービスの両方の改善につながります。

これは一見単純ですが、決して簡単なことではありません。

「このすべてにおいて文化的シフトが必要ですが、文化的シフトは一夜のうちには起こりません。製品から収集された情報を共有するとすべての関係者にメリットがあるということを、エンジニアやサービス担当者などの企業の他部門が理解する必要があるからです」と、PTC の子会社である ThingWorx の社長兼ゼネラル マネージャのラス・ファデル (Russ Fadel) は、IoT の利用に関する記事「Field Service Technologies」の中で語ってます。

モノのインターネットに投資する製造メーカー


IoT を通じて自社製品を強化してサービス業務プロセスを改善する機会は、企業にとって取り組む価値があるだけでなく、その顧客にとってより重要性を増します。顧客価値の改善は、ビジネスを維持し成長させる確実な方法です。

一流企業はすでに始めています。IDC の最新のインフォグラフィックによると、IoT が現実のものとなりつつあります。ディスクリート系メーカーの 55 % が IoT イニシアチブのリサーチ、試験運用、または本格運用の段階にあります。

しかし、重要なのは、接続機能を持つスマート製品が、貴社とその顧客が IoT から価値を最大限に引き出すためにどのように役立つかを認識して理解する能力です。貴社を差別化できるかどうかは、この理解力の有無にかかっています。

今日のつながった世界で加速する変化と、それがもたらすサービス機会を利用するのに遅すぎるということはありません。組織が進化と変革を続ける限り、接続機能を持つスマート製品とその関連サービスが成功への道筋を示してくれます。