Windchill for Service Information

合理的な変更管理で最新のサービス情報を維持

ビジネスの重要な成功要因として、製品を販売した後の営業活動やサービスが注目を集めています。同時に、多くの製造会社が、サービスやサポートを通じて製品投資から新たな価値を生み出し、競合会社との差別化を図っています。

絶えず変化する製品開発データの唯一の正確な情報源として、Windchill はこれらの情報を後工程へ提供し、製造会社のアフターサービスをサポートします。

Windchill Service Information Manager

Windchill Service Information Manager では、製品構造のコンテキスト (サポート提供時の視点) でサービス コンテンツを整理および管理できます。また、異なる製品ファミリー間でコンテンツを再利用することも可能です。変更管理プロセスと構成管理プロセスに基づくサービス情報構造により、適切かつ正確なデータをサービス組織に提供できます。

  • 最新のサービス情報の維持: 製品の変更を識別し管理することで、データの精度を高め、製品ライフサイクルを通じてサービス情報を最新の状態に維持することができます。

  • サービス情報の適用性の向上: 適用規則を定義することで、すべての製品構成や運用条件について、最も適切なサービス情報を提供できます。

  • 作成者の生産性向上: すべてのサービス情報を一元管理し、論理的で製品中心の方法で情報を整理することにより、再利用が促進されます。

  • 効率的なサービス部品表。

Windchill Service Parts

Windchill Service Parts では、エンジニアリング CAD データを利用して、スペア部品情報を作成、管理、および配布できます。これにより、最新かつ適切な部品情報をサービス部品表 (sBOM) の形で提供できます。Windchill Service Information Manager を基盤とする Windchill Service Parts では、すべての製品構成についてスペア部品情報を定義し、製品ライフサイクル全体を通じてイラスト付き部品リストを自動的に配布できます。

  • 部品情報を最新の状態に維持 - 製品のエンジニアリング データおよび製造データへの自動連携により、修理可能部品情報を最新の状態に保ちます。

  • サービス部品の適用性の向上 - 適用規則を定義することで、すべての製品構成や運用条件について、適切な修理可能部品情報を (sBOM に反映されているように) 提供できます。

  • 部品リスト作成の効率向上 - 部品リストのインタラクティブな 2D / 3D 表現を自動的に生成することで、部品に関する情報とイラストレーションの作成を迅速化します。

サービス組織の価値をさらに高めるソリューションが必要な場合は、 Servigistics