要件管理の課題

要件管理が実現する優れた製品

適切な要件、適切な製品

Increase quality requirements management cover要件管理は、市場と顧客のニーズを満たす高品質な製品の開発に不可欠な要素です。効果的な要件管理では、承認済みの最新の要件にプロジェクト チームの全メンバーがアクセスできるようになり、製品目標とビジネス目標が確実に達成されます。また、要件の変更を解析して伝達することができるため、プロジェクトの納期を確実に守ることも可能になります。

要件は、製品開発ライフサイクルにおいて最も重要な要素の 1 つです。調査によると、米国内のエンジニアリング プロジェクトの失敗率は 60% を超えており、その主な 5 つの原因の 1 つとして、要件が不適切であることが挙げられます。

こうした課題の多くは、開発ライクサイクル全体を通じた、要件間や要件とその他の成果物の間のトレーサビリティの欠如が原因です。

製品開発組織がサイクル時間を短縮し、品質を高め、完全なトレーサビリティを確立するには、適切な要件管理ソリューションが必要です。

ライフサイクルのあらゆる段階にわたるトレーサビリティが確立されていない場合、最終的な製品がユーザーの要件を満たしているかどうかをどのように確認すればいいのでしょうか。適切な要件に基づいたテストを確実に実施するには、どうすればよいのでしょうか。監査やコンプライアンスの要件についてはどうでしょうか。

製品開発組織が、ビジネスや市場の実際の要件を満たすより良い製品を迅速に提供するには、堅牢な要件管理ソリューションが必要です。

プロジェクトの最大の失敗原因に対処することで、効率を高め、市場投入期間の短縮、開発コストの削減、顧客満足度の向上を実現することができます。

全文をご覧いただくには、こちらのフォームに必要事項をご記入ください。