PTC 要件管理

製品要件の適切な管理

製品の要件を十分に把握できていないと、製品が成果を上げられない可能性は高くなります。要件が製品の設計データに結びついていないと、要件が満たされているかどうかや、変更が設計、スケジュール、コストに与える影響を判断することが難しくなります。

Integrity の要件管理および検証機能は、Windchill PDMLink と連携して、製品のソフトウェアおよびハードウェア要件の全体像を明らかにします。これにより、チームは、要件を特定の製品構造や設計意図に関連付けて、変更の影響を管理することができます。顧客のニーズ、市場の要件、基本的な技術要件の間に双方向のトレーサビリティを確立することで、顧客と市場の要件が設計に反映され、開発段階で適切に検証されているかどうかを確認できます。

要件管理の機能とメリット

  • 生産性の向上 - 要件と製品構造の間の関係性が理解しやすくなるとともに、要件とハードウェアおよびソフトウェア コンポーネントを単一の共通変更プロセスで管理できるようになります。
  • コラボレーションを行いやすい - グループ間や部門間で、要件の定義や選定を統一します。
  • 市場投入期間の短縮 - 満たされていない要件や、適切な検証プランが立てられていない要件を特定します。
  • 市場における大きな成功 - 製品が顧客の期待にどの程度応えられているかを監視します。