Windchill Reporting

プロセス データのレポートと解析

Windchill には、傾向やパターン、関係性を視覚化して意思決定を下すことができる多数のツールが揃っており、グラフィックで表現された詳細なレポートで重要な成果指標を分析できます。

Windchill Reporting には、シンプルで使いやすいレポート機能と図表作成機能が用意されており、ユーザーはレポートやインタラクティブで視覚的にわかりやすいグラフを簡単に作成し、保存できます。アラートのスケジュール設定が可能なため、重要な指標がある条件に達した場合に、指定したユーザーにただちにそのことを通知することもできます。

また、Windchill Reporting モジュールでは業界屈指の実績を誇る Cognos Business Intelligence (BI) レポート作成フレームワークが採用されているため、組織全体でレポートの作成、配布プロセスを簡略化できます。

Windchill Reporting の特長とメリット

  • 情報のリアルタイムでグラフィカルな表示により、意思決定とプロセスの効率が向上します。
  • 直感的な操作で簡単にレポートとグラフを設定できるため、データ間の複雑な関連性を定義する必要はありません。
  • すぐに運用可能な Cognos と Windchill の連携により、優れた ROI を実現します。
  • 組み込みのレポートにより、製品別に記録されたすべての問題点と変更点の状態や状況を把握できます。