Windchill Product リスクと信頼性

製品のリスクと信頼性の管理: その影響

製造メーカーの CXO の半数近くが、品質に関するコストの削減を主要な懸念事項の 1 つに挙げています (LNS Research)。品質に問題があると、スクラップ、やり直し作業、保証コスト、さらに製品リコールが発生して、製品のブランドに打撃を与えかねないだけでなく、製品ライフサイクルの中で対応する時期が遅れると高品質の維持に多大なコストがかかります。製品の製造段階に入ってしまうと、設計変更のコストが 3 倍から 7 倍に増大します。

このため、品質、信頼性、安全性に関する潜在的な問題を製品の設計開発のできるだけ早い時期に把握することが重要です。つまり、製品の大部分が確定する前の、設計変更のコストが比較的少なくて済むうちに、問題に対処する必要があります。しかし多くの場合、品質管理プロセスを実行する組織およびツールは、サイロ化され、製品開発の中核作業から切り離されているため、製品の変更や改善に有意義な影響を及ぼすことができません。

品質に関する問題の予測と防止

Windchill Quality Solutions では、製品の品質に関する問題を早期に排除するために、PLM の中核を成す部品表と設計変更プロセスに、重要な予測型の信頼性およびリスク管理手法を統合しています。エンジニアリング部品表の同期と品質解析に基づく PLM での設計変更により、エンジニアリング チームと品質管理チームの間でデータとプロセスの両方が統合されるだけでなく、情報が視覚化されて説明責任が明確になります。以降で、その機能の例をご紹介します。

  • 信頼性と保全性の予測: 製品の潜在的な信頼性を早期の設計段階で予測することで、設計と保全性についてより良い選択ができるようになり、製品のパフォーマンスが向上します。これには、サービス関連のニーズ、プロセス、部品、スタッフ、コストを予測する機能が含まれます。
  • 安全性とリスクの管理: Windchill FMEA (故障モード影響解析) と FTA (フォルト ツリー解析) が提供する、社内全体からアクセス可能なツールを使用すると、完成品で露呈する前に、製品の品質に関する問題や障害を設計段階で評価して防止することができます。
  • テストと現場での信頼性: Windchill FRACAS により、テストおよび現場での製品の実際のパフォーマンスを解析できます。このソフトウェアは、実環境での信頼性、安全性、品質に関するメトリックスを取り込み、解析し、報告する機能に加えて、教訓を生かして設計を改善するための組み込みの CAPA プロセスを備えています。
  • 高度な統計手法: 信頼性ブロック ダイヤグラム、マルコフ解析、ワイブル解析、加速寿命試験などの完全に統合された統計手法によって、初期の設計から実際の結果までにわたって製品品質の向上を支援することで、次世代の改善を促進します。