Windchill Product Analytics

製品開発全体にわたり絶えず変化する規制とコストの最新情報を常に把握することと同時に、重要な締め切りを守ることができるよう計画目標の達成を確認することは、規制に準拠した製品をスケジュールどおりに予算内で納品するうえで非常に重要です。Windchill Product Analytics には、こうした重要なイニシアチブにおいて今日のトップ企業をサポートするための、幅広い機能が用意されています。

Windchill Compliance

REACH や RoHS、ELV、CPSIA、WEEE、電池指令、容器包装指令、紛争鉱石、トレード コンプライアンスなど、最善を尽くしたことの証明 (due diligence) や報告が必要な政府規制、顧客要件、サプライ チェーンの懸念事項は増加の一途をたどっています。Windchill Compliance は、製品開発のこれら重要な側面を早期に可視化することにより、企業のコンプライアンス違反のリスクを軽減します。

  • イノベーション プロセスの早期から製品ライフサイクル全体を通じて、製品のコンプライアンスを追跡管理できます
  • 製品設計、部品、サプライヤ、規制そのものの頻繁な変更に迅速に対応できます
  • 製品のコンプライアンス状況を正確に把握し、規制や顧客要件の順守に最善を尽くしたことの証明 (due diligence) を作成できます
  • 製品開発の初期段階からコンプライアンスの徹底を図り、コンプライアンス違反の問題を出荷前に特定して解決することにより、コストを削減できます

PTC 紛争鉱物ソリューション

米国ドッド・フランク法の第 1502 条では、製造メーカーに対し、コンゴ民主共和国 (DRC) またはその周辺の紛争地域で採掘された 3TG 鉱物 (スズ、タンタル、タングステンおよび金) を自社の製品に使用する場合に、その一切の情報を特定し、米国証券取引委員会 (SEC) に開示することを定めています。PTC では、紛争鉱物報告プロセスの 5 つの重要要件を満たすためのテクノロジ ソリューションおよびベスト プラクティスに関する専門知識を提供しています。

  • 3TG 鉱物が部品や製品、サプライ チェーンで使用されているかどうかを特定する
  • 妥当な原産国調査 (RCOI) の収集と検証を自動化する
  • 3TG 鉱物の産地がコンゴ民主共和国かどうかを確認するため、サプライチェーン全体で体系的に最善を尽くしたことの証明 (due diligence) を実施する
  • 部品、製品、サプライヤで使用されている紛争鉱物の状態を評価し、報告する
  • 最善を尽くしたことの証明 (due diligence) と詳細なデータに基づく監査証跡を作成する

PTC 紛争鉱物コンプライアンス


Windchill Materials & Substances

製造メーカーは、部品や製品で使用されている材料と物質に関するデータを管理することで、懸念物質や原産国、材料のトン数、リサイクル性と再利用性、重量、製品コスト、環境への影響を示すライフサイクル評価 (LCA) レポートなどの製品コンプライアンスの重要な側面を効果的に管理できます。製品の材料に関するこれらの包括的なデータを収集して管理することによって、出荷停止、製品のコンプライアンス違反に対する罰金、多額の費用がかかる再設計、サプライ チェーンの混乱を回避できます。

  • 既存のエンタープライズ システムとの堅牢な統合機能を使用して、材料と物質を正確に把握できます
  • 業界標準またはお客様に固有のフォーマットを使用したサプライヤ データの取り込みを自動化できます
  • Windchill LCA (ライフサイクル評価) を Windchill Compliance とともに利用して環境への影響を分析し、製品コンプライアンス レポートを作成できます
  • カスタム分析による材料使用状況の検証、サプライヤ リスクの把握、自社固有の要件に基づく製品の格付けが可能です

Windchill Cost

製品コストは製造メーカーにとって重大な懸念材料ですが、大半の企業は、BOM、部品設計、サプライヤなどの頻繁な変更に伴う複雑性のために、製品開発プロセスの早期段階でコストを正確に追跡して測定することに苦慮しています。Windchill Cost では、製品変更がコスト解析に自動的に組み込まれるため、すべてのコスト目標を達成可能にする的確な意思決定を下すことができます。

  • 製品の市場投入目標を達成して、確実に目標コスト以下で製品を市場に投入
  • 製品コスト データなどの中核的なメトリックスの裏付けによって、エンジニアは設計および代替設計の影響の分析が可能
  • さまざまなコスト モデルを使用した BOM 積上型原価計算が可能
  • コスト内訳解析、パレート解析、what-if (仮説) シナリオ、部品およびアセンブリのコスト ステータスのグラフィカル表示により、コスト要因およびリスクを包括的に把握