Windchill Print Service

PLM コンテンツを印刷キューに自動送信

特定の構成に関連付けられているコンテンツには、多種多様な文書が含まれている場合があります。また、各文書の印刷サイズやフォーマットがそれぞれ異なっていることも少なくありません。そのため多くの企業は、このようなコンテンツを正しく印刷するために手動での煩雑な作業を強いられています。

このような場合に Windchill Print Service を利用すると、Windchill コンテンツを組織のどこからでも容易に印刷できるようになります。新しいユーザー定義機能と管理機能を採用した Windchill Print Service は、Windchill で管理されているコンテンツの印刷プロセスを全社規模で簡素化します。

Windchill Print Service の特長とメリット

  • 印刷ジョブの定義 - どのコンテンツをどのプリンタで印刷するかを定義できます。
  • 照合が容易 - Windchill の標準の仕組みを利用して、プリンタで印刷するコンテンツ (アセンブリに関連付けられているすべての図面など) を容易に収集できます。
  • ジョブのキュー配置と実行の自動化 - システムに送られた印刷ジョブは自動的にキューに配置され、利用可能となった "印刷ワーカー" に処理が割り当てられます。
  • Windchill でのプリンタの定義 - Windchill の管理者が Windchill でプリンタを定義すると、そのプリンタが Windchill のユーザー インタフェースから利用可能となります。プリンタ定義では、プリンタ名、サポートされる色、プリンタ サイズ (A3 など)、印刷可能なファイル タイプの説明、デフォルトの縮尺などを定義します。Windchill でプリンタを定義すると、使用するプリンタをデータ タイプごとに指定できるようになります。たとえば、JPEG 画像はプリンタ X で印刷するといった設定が可能です。
  • 図面のサイズと方向の自動抽出 - 対応する Creo Elements/View CAD アダプタを使用して CAD 図面をパブリッシュすると、図面のサイズと方向 (A2 など) が自動的に抽出されます。これらの情報は、印刷実行時に適切なモードの適切なプリンタを選択するために使用されます。
  • スケーラブルなアーキテクチャ - Windchill サーバーと遠隔通信する "印刷ワーカー" の採用により、印刷スループット ニーズの高まりにも対応できる柔軟な環境が実現されています。印刷ワーカーをシステムに追加することで、印刷スループットを強化できます。