Windchill PartsLink Classification and Reuse

統合された部品管理

部品の複製と部品番号が増えると、効率が低下してコストが増加します。オンライン カタログ経由で既存の設計を再利用することにより、コストを削減し、市場投入期間を短縮できます。Windchill PartsLink Classification and Reuse は Windchill PDMLink の統合オプションです。柔軟で使いやすい Web ベースのライブラリ検索機能が備わっているので、社内の設計ライブラリを効率的に管理できます。

ユーザーは、機能、物理特性、サプライ チェーン、および環境規制遵守に関する重要な特性を比較することによって、適切な部品を迅速かつ効果的に検索して再利用できます。また、示された手順に従って操作できるナビゲーション ツールを備えているため、再利用できる既存の部品が見つかる可能性が高まり、新しい部品を余分に作成する必要がなくなります。

Windchill PartsLink Classification and Reuse の特長とメリット

  • 製品または部品の分類体系を定義し、構造化された製品情報システムのコンテンツを作成できます。
  • 部品の分類とパラメトリック検索を通じて、設計の再利用をサポートし、意思決定支援ツールを提供します。
  • 製品開発プロセスのすべてのポイントで設計の作成、使用、再利用を最適化します。
  • パラメトリック サーチ、グラフィカルなナビゲーション、標準 3D ビジュアリゼーション ツールにより、エンジニアリングの生産性を向上させます。
  • 部品管理によって市場投入期間を短縮し、ソーシングに関する適切な意思決定と高いエンジニアリング生産性を実現します。