Windchill Interference Management Service

異種 CAD 製品における干渉を検出、管理、報告

構成部品間で発生している衝突や干渉を設計プロセスの早期に発見できない場合、作業のやり直しやコストの増大、市場投入スケジュールの遅れといった問題が発生します。

Windchill Interference Management Service を利用すると、設計の衝突問題をデジタル モックアップ環境で自動的に特定、追跡し、構成の検証と問題の解決をすばやく行うことができます。

Windchill Interference Management Service の特長とメリット

  • 柔軟な解析パラメータ - 干渉チェックの許容値など、ユーザーがパラメータを定義可能
  • ジョブのキュー配置と実行の自動化 - システムに送られた干渉ジョブを自動的にキューに配置し、利用可能な "干渉ワーカー" に処理を割り当て
  • 動的なグループ - 検索グループと動的なグループにより、メタデータまたは製品構造の階層に基づいて構成部品やアセンブリを自動的にグループ分け
  • スケーラブルなアーキテクチャ - Windchill サーバーと遠隔通信する "干渉ワーカー" の採用など、柔軟な環境を実現