Windchill Customer Experience Management

現場で収集された品質関連の苦情を追跡および管理するカスタマー エクスペリエンス管理ソフトウェア

カスタマー エクスペリエンス管理ソフトウェアは、将来の製品の設計を改善し、その先何年にもわたってお客様の信頼を得るために不可欠です。また、顧客からの苦情を記録し、その解決策を追跡することも、品質管理基準 (ISO 9000、APQP、さらに FDA CFR 21 Part 820 をはじめとする幅広い医療機器関連基準) に準拠し続けるために不可欠なステップです。これらの品質管理基準は、規制の有無に関わらずあらゆる業界の企業で採用されることが増えてきました。医療機器の分野では、規制に準拠するため、eMDR (電子的な医療機器記録) を提出することも必要となります。

Windchill Customer Experience Management は、顧客からの苦情を通して報告される外部的な品質の問題に対処することを目的とした規制要件を満たすために必要な、高度に構造化され自動化された繰り返し可能なプロセスを提供します。また、Windchill ソリューションの中心的なコンポーネントとして、顧客苦情プロセスには、是正措置と予防措置、変更管理と構成管理、文書管理、BOM 管理などが含まれます。Windchill Customer Experience Management は、ほかの Windchill モジュールと共通のソフトウェア システムで緊密に統合されています。これにより、製品開発の合理化、迅速なイノベーション、次世代製品の改善が促進されます。このソフトウェアは、中規模企業の市場投入までの期間の短縮に役立ちます。

Windchill Customer Experience Management の特長とメリット

  • フォローアップ作業、返品調査、規制に基づく安全報告のための既成の詳細なワークフローが用意されています。
  • すべてのカスタマー フィードバックの取り込み、コード化、処理を統一できます。
  • コール センター機能、履歴、検索によって、苦情に関する記録のすばやい入力とアクセスが可能です。
  • Web ベースで簡単にアクセスできるため、迅速にデータを入力し処理することができます。
  • 強力なクエリ、グラフ、スケジュールされたレポート、アラートにより、品質の傾向を把握できます。
  • 柔軟なワークフローは、既存のビジネス プロセスに合わせて容易に設定可能です。
  • 医療機器に関する重要な規制に対応しており、eMDR (電子的な医療機器記録) を FDA のデータベースに自動送信できます。