Windchill

スマート コネクティッド PLM: 製品ライフサイクル管理の進化

今日の画期的な製品はかつてないほど複雑になっています。新しい革新的な設計では、機械的要素、電子的要素、ソフトウェア、接続性を組み合わせて利用する必要があり、製品開発に対する妥協のない総合的なアプローチが求められ、要件の定義にまでさかのぼる必要があります。競争に勝つには、高品質、低コストで、価値ある機能をより多く搭載した最先端の製品を短期間で発売する必要があります。

そのために企業は、製品ライフサイクル管理 (PLM)
ソフトウェア
全般にわたり組織全体のコラボレーションを強化しなければなりません。製品がスマート コネクティッド プロダクツであれば、製品が出荷された後も、そのライフサイクルを通してずっとデータが生成され、途絶えることはありません。モノのインターネットにおける新たなテクノロジにより、企業は、使用中の製品のパフォーマンスに関する情報を取り込んで利用できるようになり、そこには既存の製品と将来の製品を大幅に改善できる可能性があります。

お使いの PLM ソリューションは、この新しい世界に対応していますか。Windchill 11 は対応しています!


Windchill 11 には以下の特長があります。

Flexible(柔軟)

PLM の IT 部門への負担や諸経費が減ると同時に、新しい展開オプションにより、アクセス性とセキュリティが確保されます。クラウド、オンプレミス、完全にホスティングされた SaaS といったすべての展開モデルにおいて、サプスクリプション方式の価格設定により、PLM のプロジェクトやプログラムのニーズが変化する中での予算の予測可能性を確保しています。

詳細はこちら +


Windchill Customer Stories with PLM


Japan Radio Company Case Study

Japan Radio Company Case Study

日本無線株式会社: Windchill でユーザーの生産性と業務プロセスを向上

Read more

Flowserve Case Study

Flowserve Case Study

Flowserve 社: Windchill PLM で製品の革新を促進

Read more

Wrightbus Case Study

Wrightbus Case Study

Wrightbus 社、製品開発をグローバル化

Read more