中規模製造メーカー向け PLM

中小企業での市場投入期間の短縮

中小企業で働く人々にとって、革新的な製品を生み出して市場シェアを確保する必要性がこれまでにないほど高まっています。新製品の市場投入期間を短縮することが最も重要であり、既存の製品設計を活用して迅速なイノベーションを促進しつつ、製品品質を保つことが必要不可欠となっています。

サプライヤやベンダー、複数の社内部門と迅速かつダイナミックに共同作業を進めていくと、多くの場合、エンジニアリング データの関連性が薄れ、整理されていない状態になってしまいます。そうなると不必要な再作業で貴重な時間が費やされることとなりますが、スピーディに製品を市場に送り出すことを最優先に考えている場合、このことは大きな問題となります。製品データを格納する唯一の正しい情報源を確立することでコラボレーションが促進され、設計の再利用が効率的に行われるようになるため、より質の高い製品を迅速に設計し、作成できるようになります。

課題はコラボレーションの中にあり、それは納品にも影響します。中規模製造メーカーが直面する変化の速い環境では、主要サプライヤやパートナーだけでなく、社内の設計チームとエンジニアリング チーム間の緊密なコミュニケーションが必要です。エンジニアリング設計データに唯一の正しい情報源が確保されていないと、プロセスの効率が落ち、起こり得る品質の問題を解決するためのデータが不正確になり、将来における製品設計の再利用性に影響を及ぼします。製品ライフサイクル管理 (PLM) ソリューションを利用すれば、これらの問題を解決でき、スケジュールどおりに納品できるようになります。インフォグラフィック「Overcome Your Greatest Challenges in Product Development」をお読みください。

Aberdeen Group は、中小企業 (SMB) における製品開発コラボレーションの重要な基盤としての BOM (部品表) の役割を示すレポートを発行しています。詳細については、中規模製造メーカー向け製品の複雑度に対応をダウンロードしてください。