Web キャスト: Windchill を製品情報の中心的ソースとして使用する方法

HARMAN 社が Windchill を製品情報の中心的ソースとして使用する方法を披露

この Web キャストでは、HARMAN 社のミシェル・ウォージントン (Michelle Worthington) 氏と PTC 社の ジム・スウィーニー (Jim Sweeney) 氏が製品情報の中心的ソースの管理に伴う価値について説明します。このデモでは、HARMAN 社が Windchill および Windchill Cost Analytics を使用して製品定義、変更管理、分類、コスト決定をどのように管理しているか紹介します。

学習:

  • 単一の総合的な展開で、データ管理、分類、変更、ベンダー管理まで展開する HARMAN 社のアプローチについて。
  • 分類された情報の中心的ソースによって、さらに大きな部分の再利用を推進する方法
  • より優れたコスト解析によって製品開発決定を改善する方法

ミシェル・ウォージントンミシェル・ウォージントン (Michelle Worthington) 氏、Harman International、プロフェッショナル部門向けエンジニアリング サービス部長

ウォージントン氏の担当には、Windchill ツール スイートおよびグローバル エンジニアリング ツール管理が含まれます。2010 年から Harman で働き始め、プロフェッショナル部門のすべての事業部門向けに初の Windchill を展開してきました。


ジム・スウィーニージム・スウィーニー (Jim Sweeney)、PTC、ソリューション マネジメント シニア ディレクター

スウィーニーは、PTC に 18 年以上勤務し、構成部品管理ソリューション、エンタープライズサーチおよびサプライ チェーン コラボレーション ソリューションを経験してきました。スウィーニーは、マサチューセッツ大学ローウェル校から機械工学分野の理学士、バブソン大学から経営学修士を取得しています。