商標に関するガイドライン

商標は PTC の販売促進に重要な役割を果たす

PTC Inc. の商標は価値を有する企業資産であり、PTC および PTC の製品やサービスを宣伝する上で重要な役割を果たしています。PTC の商標が不正に使用されると、効果が損なわれたり失われたりするおそれがあります。ここに示す商標使用に関するガイドライン (以下、「本ガイドライン」と略す) では、PTC Inc. およびその系列会社の商標権の正しい認識と維持のために遵守すべき事項を規定します。これらのガイドラインは、PTC の商標に言及する PTC のすべての販売店、戦略的ビジネス パートナー、お客様、広告代理店、コンサルタント、職業的執筆者および編集者、ライセンス使用許諾を受けた者、および第三者に適用されます。

本ガイドラインに記載されている情報に関する質問は、日本パラメトリック・テクノロジー株式会社 法務部 (住所 : 〒163-6037 東京都新宿区西新宿 6-8-1 新宿オークタワー 35F、電話番号 : 03-3346-8100) までお寄せください。

承認されている使用法

本ガイドラインに従って PTC の商標を正しい方法で使用する限り、PTC の商標を使用して PTC の製品およびサービスに言及することができます。 本ガイドラインに従わないで PTC の商標を使用したり、PTC の商標に酷似している商標を使用したりすると、PTC の商標権に対する侵害行為とみなされる場合があります。

以下の行為は、禁じられています。

  • 貴社の製品のマークまたは製品名、貴社のマークまたは社名の一部に PTC の商標を組み込んだり、それらの一部として PTC の商標を使用したりすること。 貴社および貴社の製品やサービスを示すには、貴社独自の商標を使用する必要があります。 たとえば、貴社の製品またはサービスに PTC の製品との互換性があることを示す場合、Windchill AVS RESOURCER を使用するのは正しくありません。ただし、AVS RESOURCE MANAGER for PTC Windchill® は使用できます。
  • PTC の商標を、製品またはサービスの提供元を混同させるような様態、または資金提供、資本関係、あるいは後見的立場を暗示するような様態で使用すること。 たとえば、貴社製品の販促資料の中で "Creo®" を過度に強調し、Creo® ソフトウェアの作成元である PTC と貴社に販売活動において、何らかの提携関係があるような誤解を招くおそれのある表現をしてはいけません。
  • PTC の商標を使用して、PTC 以外の製品またはサービスを示すこと。

また、PTC から事前に書面による承諾を得ることなく、PTC ロゴ、ロゴタイプ、およびデザイン マークを使用することはできません。 PTC ロゴ使用の詳細については、PTC ロゴ使用規定を参照してください。

PTC の商標の正しい表記法

PTC の商標はすべて、所有者を正しく示す必要があります。 商標の所有権を示すには、商標の後に商標記号 (つまり、TM、SM、または ®) を付ける方法と、商標説明文を使う方法の 2 通りの方法があります。商標説明文は通常、文書末尾の著作権表示の直後に記述します。

商標記号:

PTC の商標に言及する場合は、該当する商標記号を使用する必要があります。 PTC の各商標の商標記号については、PTC の商標リストを参照してください。製品または商標がリストに記載されていない場合は、弊社の法務部までお問い合わせください。

  • ® は、米国で登録されている商標を示しており、製品が使用されるほかのすべての国では商標または登録商標を示します。
  • TM は、現在未登録の商標を示しています。
  • SM は、現在未登録のサービス マークを示しています。

可能な場合はいつでも、商標記号は、商標自体より小さな上付きフォントで商標の直後に付けます。 使用するソフトウェアで商標記号がサポートされていない場合は、括弧を使用して、(R)、(tm)、または (sm) と表記します。

すべての商標に商標記号を付ける必要はありません。 ただし、以下の場合は、必ず商標記号を付ける必要があります。

  • PTC の商標に言及する各文書またはその他の資料のテキストで商標を最初に使用する場合。
  • 商標を強調して使用するすべての箇所 (タイトル ページ、見出しなど)。ただし、スペースおよびスタイルに関する基準に反する場合には表記しません。

商標説明文:

PTC の商標および製品は、該当する商標の所有権が PTC にあることを示す簡単な説明 (商標説明文) を記載することによって、PTC の所有に属することを正しく明示する必要があります。 PTC の商標に言及する資料ではすべて、以下の商標説明文を使用します。

PTC、[資料内で参照する PTC の商標/製品名を記載] は、米国およびその他の国における PTC Inc. およびその子会社の商標または登録商標です。

以下の条件に注意してください。

  • 商標説明文は、各商標の所有者が誤解されることがない、明確なものである必要があります。 商標説明文の中では「PTC」というブランド名を使わず、「PTC Inc.」と表記します。
  • PTC の商標は、「その他の商標はすべて、該当する各社の所有物です。」というような包括的な表現ではなく、具体的に示す必要があります。
  • PTC の商標に対して第三者が何らかの権利を持っている、またはそう主張していると暗示する記述を、商標説明文の中で使用したり、商標説明文に追加したりすることはできません。
  • PTC の商標と他社の商標に、同一の商標説明文で言及することはできません。 たとえば、「Creo® および Oracle® は商標です。」と表現するのは不適切です。そのような場合は、PTC の商標と Oracle の商標を、個別の商標説明文で説明します。PTC の商標説明文については、上の記述に従います。Oracle の商標説明文は、たとえば「Oracle は、Oracle Corporation の登録商標です。」のようになります。

商標説明文は通常、販促資料の末尾または下部に記載します。 文書の場合、商標表示はタイトル ページに記載します。また、オンライン文書の場合は、概要のセクションに商標表示を記載します。 商標表示は、該当する文書のテキストより小さなフォント (「極小フォント」) でかまいませんが、判読できる大きさである必要があります。 一般的には、6 ポイントのフォントが妥当な最小のフォントです。

PTC の商標の正しい使用法

PTC の商標は、名詞 (ブランド名を持たない製品タイプ) を修飾する形容詞 (ブランド名) です。 PTC の商標を使用する場合は、以下の条件に従って使用してください。

  • PTC の商標は、テキスト内で初めて使用する場合、形容詞として使用してください。 PTC のどの商標の場合でも、その商標の初出時には、その商標を一般名詞と組み合わせて表記します。 たとえば、Pro/ENGINEER® 設計ソフトウェア、または Windchill® コラボレーティブ情報管理ソフトウェアと表記します。 初出時以降は一般名詞を必ずしも使用する必要はありません。
  • PTC の商標は、周囲のテキストから区別できるようなものとし、文字の配置、フォント、およびデザインのフォーマットに一貫性があるものとします。 たとえば、Pro/Engineer や PRO/ENGINEER ではなく Pro/ENGINEER® を使用し、WindChill ではなく Windchill® を使用します。また、Cadds ではなく CADDSTM を使用します。
  • 英文表記の場合、アポストロフィを使用して PTC の商標を所有格形で使用することはできません。 たとえば、「Pro/ENGINEER's functionality」ではなく、「functionality of Pro/ENGINEER® software」と表記します。
  • PTC の商標を複数形で使用することはできません。
  • PTC の商標を省略形で示したり、複数の商標を組み合わせて使用することはできません。 たとえば、Pro/E ではなく Pro/ENGINEER® を使用し、ProjectLink ではなく Windchill® ProjectLinkTM を使用します。また、DESKTOP ではなく Pro/DESKTOP® を使用します。
  • PTC の商標をハイフンでつなぐことはできません。また、テキスト内で使用する場合、商標の途中で改行することはできません。
  • 混同されないように、PTC の商標は、他社の名前や商標から明確に離して表記します。

PTC の商標の使用許諾

特定の提携関係または協力関係の下で、PTC は第三者に商標の使用を許可しています。 そのような使用許諾は、多くの場合、本ガイドラインに記載されていない特典および義務を伴っているため、PTC の商標またはロゴを使用する前によく理解しておく必要があります。