News

ZF Friedrichshafen社、PTCのPLMエンタープライズソリューションおよび ThingWorxテクノロジーを選定

有数の自動車サプライヤーのデジタル変革に向けた準備を推進

米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、社長兼CEO:ジェームス・E・ヘプルマン、NASDAQ:PTC、以下PTC/日本法人:PTCジャパン株式会社、本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は2016年12月15日、独ZF Friedrichshafen社(本社:ドイツ フリードリヒスハーフェン、以下 ZF社)がPTCのWindchill® PLM(製品ライフサイクル管理)、IntegrityTM ALM(アプリケーションライフサイクル管理)エンタープライズソリューションを全部門で導入することを発表しました。また、ZF社はPTCのThingWorx® IoTテクノロジープラットフォームスターターキットも導入しました。これらのPTCソリューションは、グローバル企業であるZF社のデジタル変革を支援します。

ZF社は駆動系、シャシー、アクティブ&パッシブセーフティテクノロジーの分野で世界をリードする自動車関連部品のグローバル・サプライヤーです。同社は2015年にTRW Automotive社を買収し、アクティブ&パッシブセーフティテクノロジー部門として統合しました。これにより世界40カ国、230拠点に13万5千人の従業員を有する企業となりました。自動車サプライヤーとしては世界最大級の企業です。

ZF社は同社事業の変革、システムエンジニアリングの改善、グローバル生産のサポート実現のために、PLM・ALMエンタープライズソリューションを全部門に導入することが必要であると決断しました。同社は、業務プロセスやユースケースの定義と分析から始め、広範囲におよぶ大規模なベンチマークを実施し、様々な競合システムを詳細にわたり調査・検討した結果、将来の課題に対応する上で最も適合性が高く、最善のテクノロジーとしてPTCのソリューションを選定しました。

選定に最も影響を与えた要素は、PLMインタフェースとしてALMの情報などを含む様々な製品データへの柔軟なアクセスを実現し、カスタマイズも可能なPTC Navigate™が提供する新たな機能でした。ZF社はシステムエンジニアリングの取り組みを推進するため、Requirements & Validation(要件と検証)、Global Software Development(グローバルソフトウェア開発)などの様々なPTCパッケージも採用しました。PTCのソリューションによりZF社は、全社横断で一貫性のある部品表(BOM)の構築が可能になり、様々な開発領域を統合するデジタル製品トレーサビリティを実現します。また、ThingWorxスターターパッケージは、ZF社のデジタル化戦略をサポートし、スマート・コネクティッドな未来に向けて、同社のIoTプラットフォームの標準化をサポートします。

 すべてのPTCソリューションは、ニーズに合わせて柔軟にライセンス数の調整が可能なサブスクリプションライセンスでの導入が可能です。ZF社はPTCプロフェッショナルサービスを利用して、PTCのエンタープライズソリューションの導入・定着を推進していきます。

PTC PLMセグメント ディビジョナルゼネラルマネージャのケビン・レン(Kevin Wrenn)は次のように述べています。

「ZF社がデジタル変革の推進に向けてPTCソリューションを採用したことは、クローズドループのライフサイクル管理を実現するソリューション導入の戦略的重要性を表すものです。PTCはZF社のデジタル変革を支援できることを喜ばしく思います」

<関連情報>

ZF社について
ZF社は駆動系、シャシー、アクティブ&パッシブセーフティテクノロジーの分野で世界をリードする自動車関連部品のグローバル・サプライヤーです。同社は2015年5月15日にTRW Automotive社を買収し、アクティブ&パッシブセーフティテクノロジー部門として統合しました。統合後の売上高は2015年で292億ユーロ、世界40カ国、230拠点に13万5千人の従業員を有しています。ZF社は売上高の約5%(2015年は14億ユーロ)を研究開発に投資しており、革新的な技術の開発を通じて事業の継続的な成長を推進しています。同社は自動車サプライヤーとしては世界最大級の企業です。


※PTCの社名、Windchill、Integrity、 ThingWorx、 PTC NavigateおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。

 

※PTCソフトウェアの選定に関する発表は、必ずしも選定した顧客からの売上計上の時期や特定期間における売上高を示すものではありません。また、多くの場合、PTCのソフトウェアは、顧客のソフトウェア採用の目的を達成するためは同ソフトウェアの導入・展開を成功させる必要があります。顧客によるPTCソフトウェア選定の発表は、同ソフトウェアの導入・展開が完了したことを示すものではありません。