News

PTC、IoTイノベーション・ベンダー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞

Compass Intelligence AwardでPTCのビジョン、イノベーション、事業の成功を表彰

 *この内容は米PTCが2015年1月7日に発表した報道資料の翻訳です。

【2015年 1月26日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、PTCが2016年1月6日~9日に米国ラスベガスで開催された世界最大のコンシューマーエレクトロニクスショー「2016 International Consumer Electronics Show(CES)」(全米家電協会主催)の会場で、マーケティング分析とコンサルティングの企業であるCompass Intelligence社から権威あるIoTイノベーション・ベンダー・オブ・ザ・イヤー賞を受賞したとの米PTCの発表を明らかにしました。「Compass Intelligence Annual Awards」は、昨年1年間に提供された製品やサービスについて、モバイルコンピューティング、無線データ通信、モノのインターネット(IoT)、エコフレンドリーの分野で特に優れたものを表彰するものです。

「IoTイノベーション・ベンダー・オブ・ザ・イヤー賞(IoT Innovation Vendor of the Year Award)」は、M2M/IoTカテゴリーの中のA-Listにある賞の1つで、60名以上の報道関係者やアナリストがビジョン、戦略、リーダーシップ、事業の成功等の評価基準に基づく投票によって決定されます。

PTCは過去2年間で、モノのインターネット(IoT)がもたらす価値を顧客が活用するためのテクノロジーのリーディングプロバイダーとなりました。同様に、PTC 社長兼最高経営責任者(CEO)のジェームス・E・へプルマン(James E. Heppelmann))は、IoTが意味することの説明と、IoTの道のりを進み始めるための青写真を企業に提供する2つの論文を共著し、ハーバードビジネスレビュー誌に寄稿しており、主要なソートリーダーとなっています。

ジェームス・E・へプルマンは「この賞を受賞できたことを光栄に思います。PTCは、ソートリーダーから、テクノロジー、そしてパートナーシップまで、モノのインターネット(IoT)を活用するツールやソリューションを提供し、製品やシステムの開発、運用、サービスを根本から変革するデジタルとフィジカルの世界の融合に向けた顧客支援に注力しています」と述べています。

Compass Intelligence社M2M & IoTリサーチ&コンサルティング担当ディレクターのキース・ロビンソン(Keith Robinson)氏は「PTCは強力なIoT企業として浮上してきました。大きなビジョン、強力なテクノロジースタック、市場での成功を考えると同社が勝者であることは明確です。PTCとThingWorx IoT部門は、優れたテクノロジーとリーダーシップで2016年も高成長を続けると予想しています」と述べています。

Compass Intelligence社について

Compass Intelligenceは、モバイル、IoT、ハイテク業界の定量的指標に基づくマーケットインテリジェンスや洞察を専門とするマーケット分析とコンサルティングの会社です。同社は複数のマーケットに関するエグゼクティブ向けの洞察、マーケット規模の分析とモデリング、競合分析、戦略コンサルティング、エキスパートとしての推奨を提供しています。

詳細はhttp://www.compassintelligence.comをご覧ください。



将来予想に関する記述

本プレスリリース内で記述されている当社成長への期待及び市場成功への予測は、予想に基づく記述であり、実際の結果がそれらの期待と大きく異なるリスクと不確実性があります。そのリスクや不確定要素には、顧客が当社のIoTソリューションを当社が予想した時期・価格で導入しない可能性、IoTビジネスが当社の想定する通りに拡張しない可能性ならびに利益を生み出さない可能性が含まれます。