News

PTC、ThingWorx® IoTプラットフォームのSAP HANA® 対応および SAP® PartnerEdge® プログラム加入を発表

ThingWorxが包括的なIoT機能を提供

*この内容は米PTCが2016年9月22日に発表した報道資料の翻訳です。

【2016年10月13日】–– PTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役:桑原 宏昭)は、本日、SAP® ソリューションと連携するソフトウェアを設計・開発するパートナーとしてSAP PartnerEdge® プログラムに加入したとの米PTCの発表を明らかにしました。本プログラム加入により、PTCはSAP HANA® プラットフォーム上で動作するThingWorx® IoTプラットフォームの提供が可能となります。
本ソリューションは、重要なIoTアプリケーション開発とアナリティクスの機能に加え、Vuforia® による革新的な拡張現実(AR)の機能を提供するものです。

PTCはSAPの顧客やパートナーへ向けてSAP App Center上でThingWorxの提供を行うほか、SAPパートナーとしてSAPPartnerEdge.comのウェブサイト上のツールやリソースを利用し、ThingWorxを提供しています。

PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)は「SAP PartnerEdgeプログラムへの加入を機に、新たに実績ある販売チャネルを通じてThingWorxプラットフォームを提供できるようになりました。SAPとの協業により、より大規模な顧客・パートナーネットワークに向けて、PTCの優れたIoT機能を提供することが可能になりました。これにより、IoTイノベーションをさらに推進します」と述べています。
ThingWorxはPTCのIoTテクノロジーポートフォリオの中心であり、高速アプリケーション開発プラットフォーム、コネクティビティ、機械学習による異常検知、産業分野でのコネクティビティ、拡張現実(AR)で構成されています。これらの機能を組み合わせることで、アセットへの安全な接続、アプリケーションの高速開発、革新的なアプローチによる価値の創造と提供を実現する、包括的なIoTテクノロジースタックを提供します。

SAP PartnerEdgeプログラムに参加するSAPパートナーとして、PTCは、SAP HANAクラウドプラットフォームに代表される主要なテクノロジープラットフォーム上でソフトウェアアプリケーションを構築、販売することが可能になります。SAP PartnerEdgeプログラムでは、特定のビジネスニーズに沿った高品質で革新的なアプリケーションを短期間かつ費用対効果高く開発するためのツール、特典、サポートが提供されます。

また、本プログラムではグローバル契約に基づき、関連する全てのSAPテクノロジーが簡素化されたシングルフレームワークで提供されます。

<関連情報>


※PTCの社名、ロゴマークおよびすべてのPTC製品の名称は、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。