News

Aridea Solutions社が ThingWorx® テクノロジーを導入

IoT(モノのインターネット)イノベーションを活用し、環境パラメータの監視とコンプライアンスコストの低減で顧客を支援

 *この内容は米PTCが2016年1月27日に発表した報道資料の翻訳です。

【2016年2月4日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、環境状況を監視するソフトウェア・ハードウェアシステムを提供するAridea Solutions社が ThingWorxを導入し、すでに導入効果が表れていることを発表しました。

Aridea Solutionsはウェストバージニア州チャールストンに本拠を置き、様々な業種の企業や政府機関が気象、水、大気のデータにリアルタイムでアクセスし、コンプライアンス関連コストを低減するための幅広いソリューションを提供しています。

同社はクラウドベースのSaaSソリューションを採堀産業、化学業界、公益事業向けに販売しています。同ソリューションは太陽光発電による電力を利用し、洗練されたソフトウェアやセンサーで構成され、今回 ThingWorxテクノロジーが組み込まれました。

Aridea Solutions共同創業者でマネージングディレクターのBJエバンス(BJ Evans)氏は「Aridea Solutionsを創業した時、環境パラメータをリアルタイムでモニタリングし、互いに、また、機会や人とやり取りし、我々の業界や我々が生活する環境により良いものをもたらす時が来ることを思い描いていました。それがいま現実となっています。運用担当者やエグゼクティブがインターネットから遠隔地にある可搬設備をモニタリングし、制御することができるハードウェアとソフトウェアが今回提供できるようになったのです。 ThingWorxテクノロジーが当社のソリューションの基盤です」と述べています。

Aridea Solutionsは詳細な評価を経て数か月前に ThingWorxを選定しました。ソリューションの導入は数週間で完了しています。さらに、エバンス氏は「効果は毎日蓄積されています」と述べています。

PTCテクノロジープラットフォームグループのプレジデントであるロブ・グレムリー(Rob Gremley)は「PTCは現在、高速アプリケーション開発プラットフォーム、接続、解析機能、拡張現実(AR)等で構成する強力なIoTテクノロジースタックを提供しています。Aridea社の重要なIoTの取り組みに向けて選んでいただけたことは光栄なことであり、同社の成功に向けて注力していきます」と述べています。

Compass Intelligence社最高経営責任者(CEO)のステファニー・アトキンソン(Stephanie Atkinson)氏は「PTCは強力なIoT企業として浮上してきました。同社の大きなビジョン、強力なテクノロジースタック、戦略的買収による進化、市場での圧倒的な存在感により、IoTを活用したビジネスの推進、効率化、コスト低減、新たなビジネスモデルの発展を進めているどのような企業にとっても明らかな選択肢となります」と述べています。

<関連情報>

  •  ThingWorx Technology

http://www.ptc.com/internet-of-things/technology-platform-thingworx

  • Aridea Solutions Value Proposition

https://www.aridea.com/

 


PTC、ロゴと ThingWorx は、商標または PTC 株式会社またはその子会社のアメリカ合衆国と他の国での登録商標です。