News

Smoove社、コネクティッドバイクシェアサービス提供に向けて、 ThingWorx IoTプラットフォームを選定

PTCのCAD、PLMの設計ソリューションをIoTプラットフォームで拡張

この内容は米PTCが2015年3月3日に発表した報道資料の翻訳です。

【2015年 4月9日】PTC について(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、フランスの自転車メーカーで、サイクルシェアリング事業のバイクシェアシステムを手がけるSmoove社が、世界各国における都市でのバイクシェアサービスの展開に向けて、ThingWorx IoTプラットフォームを選定したとの米ThingWorxの発表を明らかにしました。ThingWorxはPTCの子会社で、モノのインターネット(IoT)プラットフォームのリーディングプロバイダーです。今回のSmoove社の選定は、自転車用部品の設計開発のため2009年に選定したPTC Creo®とPTC Windchill®の環境を拡張します。

サイクルシェアリングは、交通渋滞やその環境への影響を低減でき、従来の自動車による移動の代替手段として世界の大都市圏で拡大しているサービスです。このサービスは所要30~45分程度の短時間利用を可能にしました。(※サイクルシェアリング/バイクシェアリングは、短距離・短時間でのレンタル利用が可能な新しい自転車共同利用(シェア)システムで、複数設置されたサイクルポート/ステーションドック(専用の貸出・返却場所)各所で貸出・返却ができ、通勤、通学、買い物や、観光、ビジネスまで幅広い用途に自転車を交通手段として利用することができます。)

インターネットに接続されたモバイル技術の普及により、近隣のサイクルポートで利用可能な自転車や、返却時のポートの空き状況を表示できるアプリが多数あります。Smoove社はこのトレンドに対応すべく、自転車に設置し適切なサイクルポートのラックに誘導するセンサーシステムであるSmoove Boxを開発しました。ThingWorx IoTプラットフォームによって収集されたデータは市町村の管理者に提供され、利用者の実際の使用状況や優先度に対応できるよう、サイクルポートへのアクセスや、設置場所へとガイドします。この機能により、Smoove社は、サイロ化したビジネスソフトウェアソリューションを真に統合されたバイクシェアシステムに向上させ、IoTを活用したビジョンを実現しました。

Smoove社 最高技術責任者(CTO)のデニ・メルカ(Denis Mercat)氏は「ThingWorx IoTプラットフォームの選定理由は、その柔軟性、汎用性に加えてSmooveのサービスの多様化を推進できると考えたからです。ThingWorxプラットフォームの導入により、グローバル環境での統合や適応のための期間を短縮し、シェアリング、エコロジー、現代的で持続可能な都市生活の尊重など、それらの価値を推進する新たなサービス開発が可能になる、ということは間違いありません。中長期的なグローバル展開を支援するThingWorxの貢献を期待しています」と述べています。

今回、ThingWorx IoTプラットフォームはプライベートクラウドで導入され、幅広く複雑なデータを監視、分析することによりSmoove社のバイクシェアサービスの利用と管理を最適化します。また、オープンアプリケーションであることから即座に使用でき、展開が容易で、既存システムとの連携も短時間で完了します。これらの主要機能は、Smoove社のシステムが広範囲にわたって、標準や規格への適合が必須となるグローバル環境で、特に大きな価値をもたらします。

ThingWorx社長のラス・ファデル(Russ Fadel)は「Smoove社は、IoTテクノロジーが都市生活の質や環境、モビリティの向上に寄与する好例と言えます。ThingWorxプラットフォームはSmoove社における開発を単純化かつ加速させ、自転車の配置とサイクルシェアリングのサービス展開時間の短縮を実現します。さらに、実証済みのThingWorxのパフォーマンスと拡張性はSmoove社のグローバル展開をサポートしていきます」と述べています。

Smoove社は、製品の設計、製造、およびアフターサービスとバイクシェアシステム保守の提供を、PTCとThingWorxの両テクノロジーを活用して実現しています。市街地、地方自治体、輸送事業者および企業は、個人ごとのデータを表示するダッシュボードにより、有意義かつ行動に移せるバイクシェアシステムデータを取得することができます。

関連情報

顧客によるPTCソフトウェアの選定、導入に関する発表は、必ずしも特定時期における関連売上の時期、金額やPTC全体の売上高を示すものではありません。

Smoove社について

Smoove社は実施可能なモビリティを推進する製品やサービスを販売するフランスの企業です。バイクシェアシステム、従来型のバイクシステム、近々発売予定の電動自転車、個人向け自転車レンタルや駐輪の促進関連製品を開発しています。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: /about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan  
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
PTC Community: https://www.ptcusercommunity.com/welcome
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc

PTCの社名、ロゴマークおよびThingWorx、Axeda、Creo、WindchillなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。