News

PTC、ビッグデータ マシンラーニング、予測分析の リーディング企業ColdLight社を買収

ColdLightのNeuronがPTCの自動予測分析プラットフォームに

この内容は米PTCが2015年5月5日に発表した報道資料の翻訳です。

【2015年 5月21日】PTC について(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、ビッグデータ マシンラーニング(機械学習)やプリディクティブ・アナリティクス(予測分析)分野のビジョナリーであるColdLight社(本社:米国ペンシルバニア州、CEO:ライアン・キャプラン)を、1億500万ドルで買収することで最終合意したとの5月5日付けの米PTCの発表を明らかにしました。ColdLight社の自動予測分析プラットフォームであるNeuronを取得することにより、PTCの製品ポートフォリオはさらに充実しPTCのIoT(モノのインターネット)市場のリーダーとしての地位を高めることになります。

ColdLightは、PTCの重要なデータ分析プラットフォームとして、現在両社がソリューションを提供している製造業、ヘルスケア、リテールメディア、流通小売市場に新たな価値を提供し、新市場での成長を推進していきます。PTCのThingWorx® IoTプラットフォームと組み合わせることで、ColdLightのNeuronはインターネットに接続された「モノ」からのデータ分析を自動化し、データから故障パターンの特定、相関関係のモデル化、故障の予測、対応策の提示、コスト制約に対する推奨内容の優先順位づけ等の幅広い重要課題に対応します。ColdLightのNeuronプラットフォームは、人工知能と機械学習の技術を利用して自動的かつ継続的にデータから学習し、パターンの発見、および検証済予測モデルの構築をし、あらゆるタイプのアプリケーションやテクノロジーへの情報転送を行うことで、これらの課題に対応します。

結果の予測が可能になることは、特に製品性能の保証や製品の故障、およびダウンタイムを防止する意味で極めて大きな価値があり、PTCはサービスを改善する上で特に有用であると考えており、これはIoTにおいてビジネス価値を高める重要な産業適用例であると確信しています。企業には膨大なデータから洞察を得るという大きなニーズが存在しており、それに対応するため希少なリソースであるデータサイエンティストを求めて企業間の競争が発生しています。ColdLightのNeuronプラットフォームは困難なデータ発見や予測モデリングを自動化し、製品の市場投入期間の短縮や専門のデータサイエンティストへの依存を低減します。

PTC社長兼最高経営責任者(CEO)のジム・ヘプルマン(Jim Heppelmann)は「PTCは、顧客企業の製品の開発、接続、運用、サービスの変革を支援することを事業戦略として掲げています。センサーからのデータはそれ自体が価値あるものですが、予測分析でデータを処理し、事業を変革する様々な実施可能なナレッジに分割できると、その価値は大幅に増幅されます。本買収により、PTCは革新的かつ高度な分析プラットフォームを有することになり、爆発的な成長の可能性のあるこの新たな情報資源を活かしたいとする顧客に対し、支援を加速させることが可能になります」と述べています。

IoTはリアルタイム情報の大きな情報源となるスマート・コネクティッド・プロダクツの可能性を広げます。これらの「モノ」は多くの重要な洞察を提供するものの、通常データサイエンティストしか理解できない暗号で語りかけてくることから、これらすべての新たなデータを理解し、そこから価値を創造するため、企業には新世代のビッグデータ分析ツールが必要です。

PTCはNeuronとThingWorx IoTプラットフォームを組み合わせることで、Neuronの機械学習機能を利用したより高度なIoTアプリケーションの迅速な開発が可能になります。ThingWorxがIoTアプリケーション開発の時間を短縮し、コスト、リスクを低減するように、ColdLightは高度な予測分析の分野で同様の効果をもたらします。ColdLightのテクノロジーは予測モデルの定義と維持を単純化することで、IoTの世界で高度な予測分析を迅速かつ広範に導入する最も大きな障害を取り除きます。NeuronとThingWorxを組み合わせることで、結果と是正措置を、人もしくは直接機械やデバイスに提供できるようになります。

また、ColdLightはPTCのビッグデータやアナリティクスの戦略基盤となり、アナリティクス市場全体でビジネス価値を最大化する幅広い選択肢を、PTC顧客に提供する自社およびパートナーが開発するソリューションに対応します。

PTCは、既存のサービス管理ソフトウェア - サービス ライフサイクル管理 (SLM)および拡張製品ライフサイクル管理 (PLM)
ソフトウェア
ソリューション製品を補完し、予知保全やシステム監視等の製造業におけるサービス戦略に対応する高度な予測分析アプリケーションの開発を加速するためColdLightを活用していきます。

ColdLight社CEOのライアン・キャプラン(Ryan Caplan)氏は「ColdLightは、より効果的なIoT戦略を進める企業を支援するため、データの取得、分析、理解、対応を改善する必要があるというPTCと同様のビジョンを有しています。また、IoTの時代に、すべての産業、特に製造業において、データアナリティクス戦略のメリットが生まれると考えています。PTCのリソースと実証済IoTテクノロジー製品群とともに、この大きなチャンスに注力できることを非常に喜ばしく思います」と述べています。

本買収は諸条件が整うことを前提に2015年5月に完了する予定です。財務面ではColdLight社の基本的なサブスクリプション売上高は1四半期あたり約200万ドルです。コスト面の相乗効果とColdLight社の投資計画を踏まえると、買収が完了した場合、PTCは2015年度の非GAAP1株当り利益への特筆すべき影響はないと予想しています。

関連情報

将来予想とリスクに関する記述

PTCとColdLightの今後想定される統合や統合による利益、PTCとColdLightのテクノロジーが統合されることによって当社と顧客にもたらされる機会に関する本プレスリリースの情報は、将来予想に関する記述であり、実際の結果が大きく異なるリスクと不確実性があります。リスクと不確実性には、本買収が当社の想定通り、または想定するタイミングで完了しない可能性、顧客がソリューションまたは統合ソリューションを当社が想定した時期・価格で購入しない可能性、両社のテクノロジーを首尾よく統合できない、または計画したアプリケーションを当社の想定通り、または想定するタイミングで開発できない可能性、当社が本事業を運営し予想される財務結果を達成できない可能性、ColdLightの主要従業員、戦略的パートナーとリレーションを維持できない可能性があり、またその他のリスクや不確実性は、Form 10-Qの四半期報告書およびForm 10-Kの年次報告書を含む証券取引委員会(SEC)へ提出する報告書で説明されています。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: /about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan  
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
PTC Community: https://www.ptcusercommunity.com/welcome
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc

PTCの社名、ロゴマークおよびThingWorx、などすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。