News

PTCの日本法人であるPTCジャパン株式会社は、本日、株式会社電通国際情報サービスとIoT(モノのインターネット)およびSLM(サービスライフサイクル管理)の分野におけるパートナーシップ契約を締結したことを発表しました

PTCがIoTおよびSLM分野で、 電通国際情報サービスとパートナーシップ契約を締結

シームレスな拡張ソリューションの提供により、日本の製造業の競争力強化を支援

【2015年10月14日】PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、株式会社電通国際情報サービス(本社:東京都港区、代表取締役社長:釜井 節生、以下ISID)とIoT(モノのインターネット)およびSLM(サービスライフサイクル管理)の分野におけるパートナーシップ契約を締結したことを発表しました。同パートナーシップ契約の締結により、本日よりISIDの顧客へPTCのIoTプラットフォームであるThingWorx™、および、PTC Servigistics®をはじめとするSLMソリューションの提供が開始されます。

ISIDは、1975年の設立以来、長年にわたり製造業におけるITシステム導入支援を行っているシステムインテグレーターです。PTCジャパンは、製造業の今後を見据え、IoTおよびSLM分野の提案需要が今後さらに高まると判断し、ISIDとのパートナーシップ締結に至りました。

インターネットに接続されているモノの数は、地球上の総人口を超え、2010 年代の終わりには、接続機能を持つデバイスの数が 500 億にまで増大するとされています。IoT時代において、製造業は競争優位性の維持もしくは向上のために、製品の開発、生産、運用、サービスの方法などを考え直す必要性に迫られています。また、従来型の予防保全からデータを分析して機器の異常や故障を事前に検知する予知保全のサービスも求められています。

ThingWorxは、IoT時代に適したアプリケーションを構築、実行するためのプラットフォームです。接続機能をもったスマート製品に合った革新的なアプリケーションを開発する際の期間短縮が可能で、コストとリスクの低減に貢献できます。そして製品、人、システムがインターネットを介して接続され、従来の業務の改革を促進します。

PTC Servigisticsは、アフターサービスにおける体系的な計画、実行、分析などのサービスバリューチェーンのパフォーマンスを継続的に改善させ、サービスの提供コストを抑えつつ顧客価値を最大限に高め、サービスから得られる収益を最大化していくことに貢献します。

PTCジャパン 代表取締役社長の桑原 宏昭は「電通国際情報サービスとのパートナーシップ締結により、さらに多くの顧客にPTCソリューションを提供できることを嬉しく思います。電通国際情報サービスの持つ製造業に対する業務知識とシステム構築力に期待しています。PTCは、日本の製造業の競争力を高め、IoT市場における顧客のビジネス変革への支援を継続していきます」と述べています。

関連情報

電通国際情報サービス(ISID)について

1975 年の設立当初から顧客企業のビジネスパートナーとして、コンサルティングからシステムの企画・設計・開発・運用・メンテナンスまで一貫したトータルソリューションを提供してきました。IT Solution Innovator をビジョンとし、モデルベース開発を支援する先進の製品開発ソリューションをはじめ、金融機関向けソリューション、グループ経営・連結会計、HRM(人事・給与・就業)、ERP、マーケティング、クラウドサービスなど、幅広い分野で積極的な事業展開を図っています。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: /about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan  
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc

PTCの社名、ロゴマークおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。