News

PTC、新たなIoT製品であるThingWorx Converge を発表

ThingWorx IoT プラットフォームの標準機能を拡張し、製品の開発、運用、サービス事業に従事する企業をサポート

この内容は米PTCが2015年5月5日に発表した報道資料の翻訳です。

【2015年 5月26日】 米PTC(本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、ThingWorx®プラットフォームの接続性、デバイス管理、高速アプリケーション開発の機能を活用するIoT(モノのインターネット)ソリューションであるThingWorx Converge™ を発表しました。ThingWorx Convergeは、製品の開発、運用、サービス事業に従事する企業や、これらの企業にソリューションを提供するアプリケーション開発者、およびシステムインテグレータに向けた拡張機能を、標準機能としてThingWorxプラットフォーム上に実装したものです。

多くのエンタープライズビジネスアプリケーションは、スマート製品からのデータを必要としています。PTC のThingWorx Convergeは、モノのデータ、イベント、サービスをより効率的かつ安全にアクセス、収集、体系化、提供するためのIoTハブとなるものです。インターネットに接続されたスマート・コネクティッド・プロダクツの価値を企業全体に提供するこの機能により、企業はIoTの取り組みへの投資から得られる効果をより幅広く実現できます。

PTC コネクティッドプロダクトマネジメント担当ゼネラルマネージャーのハワード・ヘプルマン(Howard Heppelmann)は「企業は、アプリケーション開発者、システムインテグレータ、ソフトウェアベンダーがモジュール化され、継続利用可能なスマート製品向けIoTアプリケーションを開発できる、一貫性のあるフレームワークを必要としています。ThingWorx Convergeは共通のデータモデルを導入し、より効率的なプロセスを実現するためのIoTハブを必要とするすべての人々をつなぐものです」と述べています。

ThingWorx Converge の主な機能:

  • 製品のリアルタイムデータの集中ハブ: 既存のエンタープライズシステムや業務プロセスをIoTに対応させ、製造バリューチェーン全体で新たな価値を生み出す機会を提供します。
  • ベストプラクティスに基づくデータモデル: 製造品に対応する標準データモデルで、数千件におよぶ顧客との関わりをもとにThingWorxプラットフォーム上に構築された標準連携機能や即座に導入可能な管理ツールを提供します。
  • 拡張された標準機能: 製品やアセットを遠隔監視、管理、アクセス、コントロールする操作性の高い標準機能で顧客サービス、顧客サポート、製品の操作性を改善することで顧客体験を向上します。

リリース予定

ThingWorx Converge は2015年6月に提供の開始を予定しています。リリース時期やリリースの特徴、機能はPTCの判断で変更されることがあります。

関連情報

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: /about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan  
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
PTC Community: https://www.ptcusercommunity.com/welcome
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc

PTCの社名、ロゴマークおよびThingWorx、Axeda、ConvergeなどすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。