News

ThingWorxとBosch IoT Suiteテクノロジースタックにより、スマート コネクティッド プロダクツと業種を超えるエンタープライズプロセスの連携を実現

PTC と Bosch Software InnovationsがインダストリアルIoTソリューション提供に向け技術提携を発表

ThingWorxとBosch IoT Suiteテクノロジースタックにより、スマート コネクティッド プロダクツと業種を超えるエンタープライズプロセスの連携を実現

この内容は米PTCが2015年11月17日に発表した報道資料の抄訳です。

【2015年 12月22日】PTC 本社:米国マサチューセッツ州、Nasdaq: PTC、社長兼CEO:ジェームス(ジム)・E・へプルマン)の日本法人であるPTCジャパン株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:桑原 宏昭)は、本日、PTC と Bosch Software Innovations 社がThingWorx® PlatformとBosch IoT Suite との連携を推進するために技術提携を行うとの米PTCの発表を明らかにしました。

新たに開発された「Bosch IoT Suite M2M Connector for ThingWorx」により2つのプラットフォーム間の連携が可能になります。このテクノロジースタックを活用することにより、IoT開発者は様々なデバイスやシステムの接続・制御、複雑なIT環境向けのIoTアプリケーションの高いコスト効率かつ短期間での開発、各企業や業種のニーズに合わせたIoTソリューションの迅速な適応を可能にします。 同Connectorは、ThingWorx Marketplaceから入手できます

PTC と Bosch Software Innovations は、Industrial Internet Consortium の Track & Trace Testbed においてワイヤレス接続された締付け工具を、工場内でシームレスに運用するという統合テクノロジースタックのテストを行いました。Track & Traceアプリケーションはその場で全デバイスの状態をモニタリングすることを可能にするもので、収集されたデータを使用し、生産工程やツールの維持管理を最適化します。不規則な状況や差し迫った故障は即座に特定され、欠陥のあるデバイスはダウンタイムが発生する前に交換できます。

Track & Trace Testbed は、連携する上で調整が必要な様々な機械、デバイス、工程を構成される自動車、航空宇宙、機械・プラントエンジニアリング等の分野の複雑な生産環境の好例として利用できるようになっています。PTC の ThingWorx と Bosch Software Innovations の テクノロジーを組み合わせることによって、様々な機器類やプロセスを接続する上で必要となる柔軟性そのものをIoT開発者に提供します。

これまでの2つの選択肢(標準ソフトウェアと個別開発)とは対照的に、共同で提供するテクノロジーは的確かつ高い費用効果を提供します。

Bosch IoT Suite の Device Management コンポーネント(M2M)

高い信頼性を有するデバイス接続と制御と同時に分散デバイスの安全かつ柔軟でトランスペアレント(透過的)なインフラを提供

Vorto (Bosch Software Innovationsが取り組みを開始し、Eclipse IoTが開発したオープンソースツール) 

様々なプラットフォームへの連携に関する情報モデルの作成・管理を実現

ThingWorx IoTアプリケーション開発プラットフォーム:

ビジネスアプリケーションのドラッグ&ドロップでのすばやい開発を実現。また、無許可アクセスからアプリケーションを保護するよう設計され、包括的にセキュリティを担保。

Bosch Software Innovations 社 CEO ライナー・カレンバッハ工学博士(Rainer Kallenbach)は「PTCとBoschの長きにわたる関係をさらに発展させるこのアライアンスは、顧客によるIoT活用の障壁を大幅に低くすることができます。本アライアンスは製品ライフサイクル管理、サービスライフサイクル管理に関する蓄積されたノウハウ、先端をいくIoTソフトウェア製品、様々なアセットを接続・管理する幅広い経験を組み合わせるものです。IoTの世界でよく見られる混在環境では新しい、非常にオープンなアプローチが必要です。理想的な基盤は、有数のオープンソースコミュニティであるEclipseがサポートするIoTインタフェース定義であるVorto標準です」と述べています。

PTC社長兼CEOのジェームス(ジム)・E・へプルマン(James E. Heppelmann)は「Bosch Software Innovationsとのアライアンスは、両社にとって戦略的に最適な組み合わせです。この世界最高のテクノロジーを組み合わせることで、両社の方向性やビジネスを再定義し、市場に向けて確固たる意志を表明することができます。企業がIoT事業に参入することは容易ではありません。この新たなテクノロジースタックは、成熟度の高い複雑な環境を有する企業にさえ業務プロセスに大きな影響を与え、最適化することに寄与します」と述べています。

PTCテクノロジープラットフォームグループのプレジデントであるロブ・グレムリー(Rob Gremley)は「ThingWorxはドラッグ&ドロップ等の簡単な操作が可能な使いやすいインタフェースを提供します。これにより、複雑な環境であっても高度なIoTエンジニアを必要とすることなく、複数の部門が関わるアプリケーション開発を推進できます。複雑なシステムやプロセスがBosch Software InnovationsのIoTプラットフォームに取り込まれると、ThingWorxがスマート コネクティッドな世界への最後の障害を取り除きます」と述べています。

関連情報


Bosch Software Innovations社について (www.bosch-si.com)

Boschグループのソフトウェア・システム会社であるBosch Software Innovations社は、IoT環境や従来からのエンタープライズ環境を有する顧客を支援する革新的なソフトウェアやシステムソリューションを設計、開発、運用する企業で、特に、モビリティ、エネルギー、製造、建物の分野に注力しています。同社のIoTプラットフォームであるBosch IoT Suiteは、中央のプラットフォーム上でのデバイス、ユーザ、企業、パートナーのインタラクションを可能にし、新たなビジネスモデルへの革新的で未来志向のソリューションの開発を推進します。 Bosch Software Innovationsは約600名の従業員を有し、ドイツ(ベルリン、インメンシュタート、シュトゥットガルト)、シンガポール、中国(上海)、米国(シカゴ)を拠点に事業を展開しています。

PTCのソーシャルメディアは、以下のURLよりフォロー、ご視聴いただけます。
PTCソーシャルメディア: /about/social-media
Twitter: http://twitter.com/ptchttp://twitter.com/PTC_Japan  
YouTube: http://www.youtube.com/ptcstudio
LinkedIn: http://www.linkedin.com/company/ptc
Facebook: http://www.facebook.com/PTC.Inc

PTCの社名、ロゴマークおよびすべてのPTC製品の名称およびロゴマークは、PTC Inc.(米国および他国の子会社を含む)の商標または登録商標です。その他、記載している会社名、製品名は、各社の商標または登録商標です。