すべての関係者のための PLM: 社内全体に製品データを提供


製品ライフサイクル全体を通じて非常に数多くの社内エンタープライズ システムが使用されているため、有用な製品情報がデータ サイロに埋もれて、その情報を最も必要とする人がアクセスできない状況が容易に発生します。

CIMdata による解説「PLM for All: Unleashing Product Data to the Enterprise」(すべての関係者のための PLM: 社内全体に製品データを提供) で、製品ライフサイクル全体を通じて、製品データを、それを必要とするすべての人に必要なときに提供するための製品情報の "民主化" についてお読みください。社内のより多くのチームで製品データを活用することで、ビジネスに非常に大きな価値がもたらされます。

  • 正確で最新の情報にアクセスできることで、製品に関する意思決定と製品の品質が向上
  • さもなければ分野ごとに分断された状態のチーム間でのコラボレーションが、合理化され、効率と有効性が向上
  • 通常は分野ごとに分断された状態のデータがコンテキストを踏まえた形で提供されることで、製品に関する新たな理解が得られる

詳細については、今すぐ解説をダウンロードしてご覧ください。

 

製品データをより多くの人に公開することで得られる価値の詳細については、CIMdata 社長のピーター・ビレロ (Peter Bilello) 氏にご参加いただいた英語の Web キャストをご覧ください。