Kinex Navigate


Kinex Navigate: 製品データの価値を組織全体に提供 

製品データは企業にとって何より貴重な資産です。製品の安全性、品質、市場投入期間、収益性に影響を与える意思決定においては、常に、製品ライフサイクルの関係者が正確でタイムリーな製品情報にアクセスできることが重要となります。

Kinex Navigate を使用すると、製品ライフサイクルのあらゆる関係者が最新の正確な製品情報にアクセスできるようになるため、製品に関してより適切な意思決定を下すことができます。しかも、そのユーザー エクスペリエンスは、平均的なスマートフォンのアプリのようにわかりやすくて明解です。

Kinex Navigate を使用すると、PLM や ALM などの記録システムから、コンテキストに応じた総合的かつ最新で正確な製品データを取得できます。難解なユーザー エクスペリエンス、長期間にわたるトレーニング、柔軟性に乏しい統合プロジェクト、長期的なカスタマイズといった問題は発生しません。ThingWorx テクノロジを利用した Kienx Navigate のアプリケーションは、社内のさまざまな役割に合わせて簡単にカスタマイズして展開することができるだけでなく、拡張して、ほかの記録システムやスマート コネクティッド プロダクツのデータを含めることもできます

「これらの役割ベースのアプリケーションを使用すると、PLM の使用頻度の少ないユーザーでも、Windchill 11 が管理する情報に容易にアクセスして使用できます。これは、PLM を民主化して、エンジニアや技術者でなくてもアクセスできるようにする、という PTC の取り組みを継続するものとなっています」

-CIMData