タコを飼いならす方法: 現在と未来のモデルベースのシステム エンジニアリングの研究

モデルベースのシステム エンジニアリングの力で、システム設計、検証、および確認作業を根本的に変える方法についての実用的な知見。

システム エンジニアリングは毒を持つタコのようなテクノロジの集まりです。広い範囲に分布し、多くの触手を持ち、正しく扱わなければ極めて重要なプロジェクトに死をもたらします。このプレゼンテーションでは、上級システム エンジニアリング フェロー、マシュー・ハウゼ (Matthew Hause) が、数十年にわたりシステム エンジニアリング変換プロジェクトをリードし、現在と未来のシステム エンジニアリング標準を推進する標準化団体に参加してきた中で得た知見をご紹介します。マシューは、航空宇宙および防衛分野におけるルーツからさまざまな業界における現在の人気まで、モデルベースのシステム エンジニアリング アプローチの発展について研究しています。

ここでは、以下のような一般的なエンジニアリング ライフサイクルについて説明します。

  • プロセス ガバナンス
  • 要件の導出
  • システム設計
  • 機能の割り当てとコンポーネント設計
  • コード生成
  • システムの検証と確認

エンジニアリング リーダーが総合的な製品ライン エンジニアリングと資産の再使用を通じて、どのように効率を高めているかをご覧ください。次世代のモデルベースのシステムエンジニアリング技術と機能の概要と、それを利用する方法をご覧ください。

Web キャストをリプレイするには、以下のフォームに必要事項を入力してください。