Integrity Modeler SySim

初期段階の動作シミュレーションで時間を節約し、エラーを削減

Integrity Modeler SySim は完全なモデル主導です。アーキテクチャ、動作、シミュレーション、定義、ビジュアリゼーションをすべて SysML モデルで実現できます。コード生成やターゲット環境といった詳細を重視する必要はありません。Integrity Modeler SySim はシステム動作を評価するためのリファレンス ツールであり、SysML モデルに一貫性があり正しい形式であることを確認できます。

エンド ユーザーとのコミュニケーション用に事前定義済みのインタフェースしか備えていないほかのツールと異なり、Integrity Modeler SySim では、各サブシステムのユーザーが適切で直感的なシミュレーション グラフィックを生成できます。ツールボックス内に自動的に作成されるグラフィック コンポーネントをフォームにドロップすることで、特定のシミュレーション シナリオ用の各ユーザー インタフェースを作成できます。入出力などの一般的な機能用に、定義済みのグラフィック コンポーネントも用意されています。事実上の標準プラットフォームである Microsoft .NET を使用して、新しいグラフィック コンポーネントを簡単に作成することもできます。

また、Integrity Modeler SySim は仕様作成段階の最初から複雑なシステム動作の系統的なチェックも実行するため、エラー、不一致、望ましくない副作用を早期段階で検出して修正できます。このアプローチにより、設計のウォークスルー時間が短縮され、システム エラーがなくなるため、時間とコストを大幅に節約し、納期を守ることができます。

ソフトウェアとサービスの便利なサブスクリプション