Integrity Asset Library

プロジェクト資産を再利用のために発行し配置するプロセスを合理化

Integrity Asset Library の非常にスケーラブルなリポジトリとマルチユーザー Web ブラウザ ユーザー インタフェースにより、資産の発行、管理、再利用を簡単に実行できます。まず、企業に固有の領域に合わせて、独自のカタログ構造、資産タイプ、コンテキスト、キーワード、状態を手早く定義します。その後は、ユーザーとロールのセキュリティがカタログを保護し、資産発行プロセスを実行できるようになります。

Integrity Asset Library は、エンタープライズ規模の資産再利用を真の意味で実現します。そのシンプルで安全かつ強力なユーザー インタフェースから、資産を必要とするすべてのユーザーに資産が発行されます。資産のメタデータ、追跡可能なリンク、管理ダッシュボードにより複雑性が低下し、変更に備えた計画を立てることができるようになり、真の投資収益を得られます。

Integrity Asset Library は、体系的なトップダウン モジュール設計も実現します。システム、構成部品、サービスを指定し、設計、提供、発行用にハンドオフしてから、戻して製品に組み込むことができます。こうしたサプライヤ-消費者アプローチでは、Integrity Asset Library を、コンポーネント ベースの設計 (CBD)、サービス指向のアーキテクチャ (SOA)、システム オブ システムズ (SoS) プロジェクトの仲介役として採用します。こうした一般的な資産要求および提供リポジトリにより、コミュニケーションが大幅に改善されます。このリポジトリには、チーム内、サイト内、組織内、組織間でアクセスできます。

Integrity Asset Library の機能とメリット:

  • シンプルで安全な Web ブラウザ ユーザー インタフェース
  • 発行、検索、再利用
  • 関心のある項目の登録と E メール通知
  • OMG Reusable Asset Specification (RAS) データベース構造
  • ファイル タイプ不問
  • 自動ファイル調査と文書化
  • CBD、SOA、SoS のためのモデル統合
  • ユーザーが定義可能なキーワード、状態、タイプ
  • 再利用メトリックスのダッシュボード

ソフトウェアとサービスの便利なサブスクリプション


モデルベースのシステム エンジニアリングシステム エンジニアリングに関する最新情報をお届けします。

アナリスト レポート、バイヤーズ ガイド、30 日間無料評価版をご利用いただけます。