Integrity Modeler

モデルベースのシステム エンジニアリングのための統合ツールセットにより、システム開発プロジェクトを合理化し、コストを削減

極めて重要で安全が最優先されるシステム開発プロジェクトでは、プロジェクトが複雑化するにつれて、すべての関係者が容易に理解し同意できる設計アイデアを作成し伝達することがますます難しくなります。モデルベースかつ要件主体のアプローチを採用した場合でも、さまざまな設計成果物が統一性を欠いた状態で混在することがあまりにも多く、ギャップ、バリエーション、ひいてはエラーが発生して、納期に間に合わなくなることもあります。さらに、こうしたアプローチの多くでは厳格なプロセスが必要となるため、創造性が損なわれ、その結果、競争力が大幅に低下する可能性があります。

Integrity Modeler は、SysML、UML、可変性モデリングがすべて単一のツールに統合された実用的なソリューションです。このソリューションで作成できる一貫性のある高品質なモデルは、システム、ソフトウェア、製品ライン エンジニアが、作業場所にかかわらず要件を伝達し、設計の代替案を検討し、関係者コミュニティ全体を関与させて決断を下すうえで役立ちます。第三者機関の調査によれば、Integrity にあるような MB-PLE アプローチを採用することで、開発コスト全体を 62 % 削減し、スケジュールどおりに完了するプロジェクトの数を 23 % 増やすことができるそうです。 1

Integrity Modeler を使用すると、業界標準の適切なダイアグラムに従って作業を進め、繰り返しの多い作業を自動化することで、より少ない時間と労力で製品、システム、ソフトウェアを設計できます。また、潜在的な問題の早期発見によりコストを削減し、構築方法のモデリングにより設計プロセスを簡略化することができます。Integrity Modeler は、モデルベースのシステム エンジニアリング、ソフトウェア エンジニアリング、製品ライン エンジニアリング (PLE) を単体で実現します。

Integrity Modeler の特長とメリット:

  • SysML によるモデルベースのシステム エンジニアリング (MBSE)
  • UML によるモデルベースのソフトウェア エンジニアリング
  • 統合製品ライン バリエーション モデリング
  • 簡単で強力なバリアント選択
  • 製品モデルの自動生成
  • 拡張可能なメタモデルおよびダイヤグラム表記
  • エンドツーエンドのトレーサビリティ
  • 構成可能かつ拡張可能な自動モデル レビュー
  • ARINC 653、IDL3/IDL3+、OMG XMI™、MARTE、SPT、UPDM (DoDAF および MODAF) に対応したプロファイル、ジェネレータ、リバーサ
  • C、C++、C#、Ada、Java、VB に対応した完全に構成可能な自動コード同期
  • Integrity Lifecycle Manager、Simulink®、DOORS® との同期
  • 自動文書生成
  • 構成可能なユーザー インタフェースの簡略化
  • モデル ビューへのライブ Web アクセス

1 Embedded Market Forecasters のレポート

ソフトウェアとサービスの便利なサブスクリプション


モデルベースのシステム エンジニアリングシステム エンジニアリングに関する最新情報をお届けします。

アナリスト レポート、バイヤーズ ガイド、30 日間無料評価版をご利用いただけます。