システム エンジニアリングのクローズループ型プロセス: 検証の鍵

システム動作の早期段階での検証を支える、構想からシミュレーション、そしてテストに至るまでのシステムズ エンジニアリングのベスト プラクティスを示します。

Aberdeen 技術白書をダウンロードしてお読みください

Aberdeen 社の調査によれば、製品の複雑性は 2009 年以降 2 倍近くに増しています。このように急激に複雑化が進むと、リスクとコストが上昇します。モデルベースのシステム エンジニアリングおよびシミュレーションは、こうした複雑性の管理を成功に導く鍵の 1 つです。 

製品の複雑性の増加はますます大きな懸念事項となっています。実際、2009 年の回答企業中 27 % から今年の 51 % へと、過去 4 年間でほぼ倍増しており、システム エンジニアリングにおける最大の課題となっています。ソフトウェアが組み込まれた製品を開発する際にビジネスに悪影響が及ばないようにしなくてはなりません。

Aberdeen Group の調査 

 

この技術白書をダウンロードして、優良な製造メーカーが仮想プロトタイプによってテスト、シミュレーション、モデリングをどのように改善しているかをお確かめください。革新的な製品を生み出すには、すぐに導入でき、製品目標を達成でき、市場シェアを獲得できる効率的なシステム設計が必要である理由がわかります。

Aberdeen 社による主な調査結果:

  • システム エンジニアリングのクローズ ループ型 プロセス: 検証の鍵優良な製造メーカーはそのほとんどが開発の初期段階でのシミュレーションを行っていますが、その他の企業では 50 % 程度です。
  • 優良企業のほとんどが、仮想プロトタイプを使用して性能のシミュレーションを行ってから、物理的な構築作業に進んでいます。
  • 優良企業がシミュレーションを使用する目的は、サブシステムの相互作用の検証や、変更とやり直しに伴うコストの削減であり、クローズループ型プロセスによってシミュレーションとテストの改善を続けています。

この論文は、シミュレーション、プロトタイプ テスト、およびモデルベースのシステム エンジニアリングを拡大する正当性を立証する必要があるシステム エンジニアおよび設計者の方を対象読者としています。