サービスおよびサポート部門に関連した IoT ユース ケース

 

サービスまたはサポート部門のリーダーは、現場でサービス製品を最適化し、スペア部品と保証コストをリモートで効率よく管理し、収益、利益、および顧客価値を高めるための戦略を策定するという課題に直面している

サービスおよびサポート部門に関連した IoT ユース ケース

  • 監視と診断 - コネクティッド プロダクツとやり取りして製品の問題をリモートで特定し、診断することで、不要なサービス コールをなくし初回修理完了率を改善する。

  • リモート サービス - コネクティッド プロダクツとリアルタイムでやり取りして、機械の調整、ソフトウェアの更新、自己テストなどのサービス活動をリモートで実行し、非稼働時間を回避して、オンサイトのサービス コールの必要性をなくす。

  • サービス実行の自動化 - コネクティッド プロダクツのアラートに基づいてサービス イベントを自動的にトリガし、問題を診断し、最良のサービス対応を決定して、SLA の権利とリソースの利用可能性に基づいて技術者を派遣する。

  • 条件に基づく予測メンテナンス - コネクティッド プロダクツの動作特性を監視し、しきい値、傾向、および分析と組み合わせて事後対応型から事前対応型のメンテナンスに移行する。

  • コネクティッド サービス部品プランニング - コンフィギュレーション、使用状況、場所などのコネクティッド プロダクツ データを利用して、サービス レベルの目標とサービス部品の在庫レベルのバランスを改善する。

  • 保証コスト管理 - コネクティッド プロダクツの使用状況を継続的に監視し、潜在的な保証コンプライアンスの問題を予防する。コンプライアンスの問題が発生した時点でオペレータに自動通知し、潜在的な製品故障を回避し保証コストを削減する。

サービス / サポート部門に関連した一般的な IoT メトリックス

  • サービス コストの削減

  • 平均修理時間 (MTTR) と解決時間の短縮

  • サービス契約更新率

  • 保証コストの削減

  • 問題が見つからないサービス イベントの削減

  • 初回修理完了率 (FTFR) の向上

  • サービス イベントの回避率とリモート修理率の向上

  • SLA コンプライアンスの向上


Diebold

Diebold 社は、ATM を含む、セルフサービスとセキュリティの統合システムを提供する 29 億ドル規模のプロバイダです。ThingWorx IoT プラットフォームを利用することで、Diebold 社は、現金自動預け払い機のサービスとサポートのレベルを拡充し、リモートで問題を解決して訪問を回避し、システム ダウンタイムを大幅に低減して顧客満足度を向上させました。リモート問題解決率は 17 % 向上し、機器のダウンタイムは 15 % 減少しました。また、平均ダウンタイム応答時間は 30 分未満に短縮されました。 ケース スタディを読む ››