業務および製造部門に関連した IoT ユース ケース


製造と業務が複雑化する中で業績と機敏性を向上させ、リスクを低減し、コンプライアンスを確保することは、業務および製造部門の責任者の役割です。

業務および製造部門に関連した IoT ユース ケース


  • 資産と材料の追跡 - 主要資産 (原材料、最終製品、コンテナなど) の検索と監視を容易に行って、物流の最適化、在庫レベルの管理、品質に関連した問題の回避、盗難の検知を実現する。

  • コネクティッド オペレーション インテリジェンス - サイロ化したばらばらの業務情報 (製造、サプライヤ、物流などに関する情報) をつなげて、異なるシステム、人、資産全体で一元的かつリアルタイムに把握できるようにして、よりよい決定をより迅速に下し、業務パフォーマンスを向上させる。

  • 統一された主要業績評価指標 - サイロ化した製造システムおよび資産のデータを集計し、実用的なウェブおよびモバイル アプリケーションの状況にあてはめることで、役割ごとに主要指標を把握すると同時に、相関データをドリルダウンして、問題をすばやく診断し、パフォーマンスを向上させる。

  • 資産状態のリアルタイム監視 - 重要な機器の状態と運用パラメータの詳細な監視機能を有効にして、問題を検出したときにアラートを自動的にトリガし、メンテナンス チームまたは OEM サービス ネットワークによる事前対応を開始することによって、非稼働時間を最小限に抑え、機器の潜在的な障害を防ぐ。

  • オペレーション管理の向上 - 既存の機器と ERP/MES システムを接続機能、相互運用性、モビリティ、クラウド ソーシング型インテリジェンスで拡張することにより、複雑なプロセスの監視、管理、最適化の方法をすばやく向上させ、スマート製品工場と Industry 4.0 の各イニシアチブを推進する。

業務および製造部門に関連した一般的な IoT メトリックス:

  • 資産や在庫の欠品および破損に起因する事業損失の軽減

  • 製品故障率 (MTBF、平均故障間隔など) の改善

  • リコール、行政警告書、監査の件数の減少

  • 製造コストの削減

  • 製造サイクル時間、総合設備効率

  • 機器の稼働時間および製品品質の向上

  • 製品、資産、機器の稼働率


ATI Specialty Materials

ATI Specialty Materals は、航空宇宙、石油/ガス、医療産業向け特殊合金および鋼鉄の製造における世界的リーダーです。

ATI Specialty Materials は、業務関連インテリジェンスおよび意思決定サポート促進のための革新的なアプリケーションを迅速に提供するための製造業者向けエンタープライズ プラットフォームとして、ThingWorx を選択しました。ThingWorx は、製造、品質管理、メンテナンス、ERP の各システムと接続するリアルタイム レイヤーを提供します。これにより、これらのシステムは役割ベースの意思決定支援 "ダッシュボード" と対話型アプリケーションを迅速に作成できるようになります。