マーケティングおよび営業部門に関連した IoT ユース ケース



顧客ニーズを予測し、販売機会を効果的に特定する。

  • 顧客理解と新たなビジネス チャンス - 製品の使用状況、状態、消耗品データを収集して分析することで、顧客ニーズを予測し、クロスセルとアップセルの機会を逃さないよう自動的にアラートを発し、将来の購入を予想し、消耗品の再供給モデルを新たに作成する。
  • 柔軟な課金 / 価格設定モデル - 製品の使用状況とパフォーマンス データを統合することで、使用状況、パフォーマンス、または結果に基づく価格設定モデルと購読モデルを使用して、画期的なビジネス モデルを作成し、価値獲得や市場浸透の機会を拡げる。
  • 新しい付加価値サービス - インストール ベースで製品からのデータを集計し、専門知識と組み合わせることで、情報、助言、およびマネージド サービスを提供し、顧客の製品運用を促進してビジネスの理解を深める。

マーケティングおよび営業部門に関連した一般的な IoT メトリックス:


  • 市場シェアと成長率の向上
  • アップセル収益とクロスセル収益の増加
  • 製品およびサービスの収益や利幅の増大
  • 顧客満足度と推奨者正味比率 (NPS) の向上
  • 営業コストと市場調査コストの削減
  • サービス契約更新率の向上

All Traffic Solutions ケース スタディ

All Traffic Solutions

All Traffic Solutions 社は、交通安全を促すスピード違反取締標識や可変情報表示装置のトップメーカーです。

ThingWorx IoT テクノロジー
プラットフォーム
を採用した All Traffic 社は、情報ポータルの迅速な開発と、包括的なビジネス システム統合の実現に加え、交通安全情報の分析を必要とする顧客に向けて高度なデータ マイニング サービスの提供を新たに始めています。All Traffic Solutions ケース スタディ

「ThingWorx の迅速なアプリケーション開発環境とスケーラブルなプラットフォームにより、当社はソリューションを拡張し、以前は不可能だった方法で新しいサービスをお客様に提供することができます」

- スコット・ジョンソン (Scott Johnson) 氏、CEO、All Traffic Solutions