顧客向けの IoT ユース ケース

モノはますます複雑に接続されつつあり、そのオーナー、オペレータ、ソリューション プロバイダたちは、運用パフォーマンスと従業員満足度を向上させ、製品の稼働時間を延長し、業務に対してより理解を深めるための方法を探している

顧客向けの IoT ユース ケース

  • 使用状況とパフォーマンスのダッシュボード - 顧客が製品の使用状況とパフォーマンスを監視して追跡したり、抽出した値を最適化するため匿名の同業者とともにベンチマーク評価したりできます。

  • 顧客によるセルフサービス - コネクティッド プロダクツのデータに基づいてアクションを推奨することにより、顧客が自分で問題をすばやく診断して解決し、製品の可用性を最大限に高めることができます。

  • 製品のパーソナライズ - パーソナライズ機能により、ユーザーがリモートで機能を追加したりパラメータを変更したりできるようになり、ユーザー エクスペリエンスと製品パフォーマンスを向上できます。

顧客向けの一般的な IoT メトリックス:


  • 顧客満足度と推奨者正味比率 (NPS) の向上

  • 製品、資産、および装置使用率の向上

  • サービス契約更新率の向上、解約の減少

  • ユーザー数、ログイン数、および IoT アプリケーション データの表示数を増やす

  • 市場シェアと成長率の向上

  • アップセル収益とクロスセル収益の増加

  • 製品およびサービスの収益や利幅の増大


OnFarm ロゴOnFarm

OnFarm 社は、農業における農地資産と情報システムの専門的なインテグレーターです。

OnFarm 社は ThingWorx IoT テクノロジー
プラットフォーム
テクノロジ プラットフォームを使用して、農業の現場で集めた土壌水分、天候、農薬使用状況、警告と通知、生育状況などのリアルタイムのセンサー データを、生産者専用に設計された Web ベースのダッシュボードに統合しています。生産者は、高度な画像処理と GIS マッピング情報を活用して、収穫の問題を見極め、農業資産がある場所を視覚化することもできます。OnFarm Systems 社のケース スタディ