コネクティッド プロダクツの成熟度モデル

技術白書のダウンロード

成熟度モデルモノのインターネット (IoT) は競争を変えます。製造メーカーは、スマート コネクティッド プロダクツに軸足を置きつつあります。製品がユーザー、別の製品、そしてその製造メーカーとつながることができる市場で競争するために貴社の組織を調整する中で、真の競争優位性をもたらす機能の導入を進めていますか?

コネクティッド プロダクツの成熟度モデルは、価値の連続体に沿って機能をプロットするものです。成熟度には 6 つのレベルがあり、各レベルの要件は前のレベルの要件に基づいて構築されます。各機能の値は、製造メーカーおよびその製品によって異なります。

この技術白書では、次の点に関して、まったく接続されていないレベルから斬新なイノベーションのレベルまで、接続性成熟度の 6 レベルについて説明しています。

  • 特定の接続性成熟度レベルに到達するための要件
  • 特定の成熟度レベルにより可能になるアプリケーション
  • 次のレベルに到達するためにクリアすべき技術的な障害

技術白書をご覧になるにはフォームを送信してください。