IT へのスマート コネクティッド プロダクツの導入により実現する製造メーカーの変革

IDG Research のレポート

IDG Research Services 社が世界全域の製造メーカーの意思決定者 300 人を対象に最近実施したアンケート調査によると、モノのインターネットを利用する企業の IT 責任者は、大きなチャンスと課題に直面することになります。IT 責任者は、製品開発と全体的な戦略への関与が拡大するというメリットが得られる一方で、接続性、アプリケーション開発、価値の創出までの期間などの課題を過小評価することによるリスクにも注意する必要があります。

SCP 導入に関する記事の画像この IDG レポートを見ると、製造メーカー間に明らかな違いがあることがわかります。"スマート コネクティッド プロダクツ" 市場へこれから参入する製造メーカーは、それに伴う障害をある程度予測しているものの、スマートな製品をすでに製造しているメーカーがあげた多くの重要な課題を考慮していませんでした。製造メーカーが明確に把握すべき課題は次のとおりです。

  • セキュリティ
  • データ ストレージ インフラストラクチャ
  • ベンダー エコシステム

このレポートは、モノのインターネット対応の製造へ移行するにあたり、それに伴う課題を正しく認識しているかどうの有益な判断基準となります。

このレポートをお読みになるには、右のフォームに必要事項を入力してください。