ビッグ データのインフラストラクチャを再考する

記事「Rethinking the Infrastructure for Big Data」をダウンロード

接続機能を持つスマート製品から実際に価値を引き出すには、製造メーカーは自社が生成したデータを扱えなければなりません。

Rethinking the Infrastructure for Big Data最近 Manufacturing Leadership Journal で特集されたこの記事をダウンロードして、基本的な要件、ビッグ データ インフラストラクチャを構築するためのアプローチ、組織独自の要件に基づいて行う必要のある戦略的選択を理解するためのアプローチを理解してください。

モノのインターネット (IoT) は、自社の接続機能を持つスマート製品から直接データを収集できるという、興味深い側面を製造メーカーに提供します。自社が設計した製品やサービスの豊富な量の情報に直接アクセスできることで、状況は一変します。製造メーカーは、製品から直接情報を引き出し、製品の失敗を監視、診断、予測するだけでなく、予防することさえできます。

とはいえ、このレベルの能力に到達するのは簡単なことではありません。製造メーカーはセンサー、アクチュエータ、アプリケーションで構成されるエコシステムを構築する必要があるだけでなく、接続可能な製品が生成する大量のデータを管理する方法も必要です。

成功を確かなものにするために、製造メーカーはデータを保存、管理、解析、処理できるインフラストクチャを計画する必要があります。これらの手法を用いなければ、企業は膨大な量の役に立たないデータの海に取り残され、メリットを得られることなく、接続機能を持つスマート製品にかかるコストとリスクを負うことになります。

いますぐレポートを入手するには、このページのフォームに入力してください >>