マイケル・E・ポーター (Michael E. Porter)

マイケル・E・ポーター (Michael E. Porter) 教授について

マイケル・E・ポーター (Michael E. Porter) 教授は、ハーバード ビジネス スクールのビショップ ウイリアム ローレンス大学の教授です。大学教授職は、ハーバード大学教職員に与えられる専門家としての最高の栄誉です。ポーター教授は、企業戦略、国と地域の競争力、および社会問題に対する戦略的アプローチの第一人者であり、その著書は世界中の政府、企業、非営利団体、学会で広く認められています。指導者として引っ張りだこのポーター教授は、数十億ドル規模の企業の CEO に就任したばかりの人を対象としたハーバード ビジネス スクールのプログラムでも教授を務めています。

経歴

ポーター教授の専門分野は競争と企業戦略です。彼は現代的な戦略分野の父として一般に認められており、彼の考えは世界中のほぼすべてのビジネス スクールで教えられています。また、ポーター教授の著書は、競争力、経済開発、経済の疲弊した都市社会、環境政策、社会における企業の役割についての既成概念を打ち破りました。

近年、ポーター教授は、米国やその他の国での医療提供における差し迫った問題を理解し、解決することに力を注いでいます。彼の著書の『Redefining Health Care』 (エリザベス・テイスバーグ (Elizabeth Teisberg) 教授との共著) では、医療システムがもたらす価値を変革するための新たな戦略的フレームワークを明らかにし、医療従事者、医療保険会社、雇用主、政府、その他の多くの関係者に影響を与えています。この著書は、2007 年度の年間最優秀作品として米国ヘルスケア エグゼクティブ学会の James A. Hamilton Award を受賞しました。彼が New England Journal of Medicine 誌に投稿した研究論文「A Strategy for Health Care Reform-Toward a Value-Based System」 (2009 年 6 月) は、米国の医療改革戦略を打ち出しています。医療に関する彼の著書 (ジム・ヨン・キム (Dr. Jim Yong Kim) 教授およびポール・ファーマー (Dr. Paul Farmer) 教授との共著) では、開発途上国における医療提供に関する問題の解決にまで踏み込んでいます。

ポーター教授は、研究、著書、指導に加えて、経済界、政界、社会分野におけるアドバイザも務めています。Caterpillar、Procter & Gamble、Scotts Miracle-Gro、Royal Dutch Shell、Taiwan Semiconductor など、米国を含む数々の国際企業の戦略的アドバイザを務めています。ポーター教授は、以前は PTC の社外取締役を務め、現在は Merrimack Pharmaceuticals の社外取締役を務めています。また、米国の経済政策においても行政府や議会とともに積極的な役割を果たしており、多くの国々で国家的な経済戦略プログラムを主導してきました。

ポーター教授は、3 つの重要な非営利組織を設立しています。1994 年に設立した Initiative for a Competitive Inner City (ICIC) は、疲弊した都市社会における経済開発に取り組んでいます。Center for Effective Philanthropy は、財団の有効性を厳密に評価するための評価手法を確立しました。FSG は大手非営利戦略企業として、社会的価値の創出という分野で NGO、企業、財団のために活動しています。

学歴

ポーター教授は、プリンストン大学で優秀な成績を収めて航空宇宙および機械工学の理学士号を取得し、Phi Beta Kappa と Tau Beta Pi の会員に選ばれました。また、ハーバード ビジネス スクールで優等な成績を収めて経営学博士号を取得しました。このとき、ジョージ・F・ベーカー奨学金を受け、さらにハーバード大学で経営学の博士号を取得しました。

ポーター教授は、数々の受賞と栄誉に輝いてきました。その一例として、産業組織の研究に対する Harvard's David A. Wells Prize in Economics Prize、経営分野への学術的貢献に対する経営学会の最優秀賞、National Association of Business Economists (全国企業エコノミスト協会) の Adam Smith Award、John Kenneth Galbraith メダルなどがあります。エジンバラ王立学院やその他の栄誉ある学会の名誉会員にも選ばれています。20 もの栄誉ある博士号といくつかの国民的栄誉のほか、2008 年には経済発展への貢献に対し、米国商務省から初の Lifetime Achievement Award が贈られました。