IoT の活用に向けた企業の変革

スマート コネクティッド プロダクツを活用するために、経営幹部はどの点に目を向けるべきでしょうか。

組織の再編成やまったく新しい職務の確立は必要か?

スマート コネクティッド プロダクツが製造にもたらす多くの組織的な変化は、ソフトウェア業界で既に根付いている変化を映し出したものです。スマート コネクティッド プロダクツを利用するには、製造企業内に新しい方法でコラボレーションを行うための機能が必要です。その結果、企業の構成が急速に変化しています。データ管理に重点を置いた新しい機能部門が出現し始めています。まれですが、進行中の製品開発やお客様の成功事例に特化した部門も認められつつあります。

ビジネス モデルを変更すべきか?

従来、製造メーカーは、物理的な商品を生産し、販売取引を通じてその商品の所有権を顧客に移して価値を獲得することに重点を置いてきました。スマート コネクティッド プロダクツを使用すると、この長期にわたるビジネス モデルを根本的に変化させることができます。製造メーカーは、新しい機能と製品データへのアクセスを通じて、価値を獲得するための新しいビジネス モデルの適用範囲を広げています。また、スマート コネクティッド機能を備えた製品や、パフォーマンスまたはサービス ベースのビジネス モデルを提供する競合企業がすぐに出現して、競合や業界の境界を再形成します。

製品を異なる方法で設計、販売、保守する必要があるか?

競争優位性を獲得できるかどうかは、最終的には戦略にかかっています。調査によって、スマート コネクティッドの世界にある企業は、10 の新しい戦略的選択に直面していることが明らかになりました。それぞれの選択にはメリットとデメリットがあり、各社固有の状況を考慮して判断する必要があります。また、各選択は相互に関連しています。企業の一連の選択は相互に補強し合うものであり、企業全体での戦略的な位置付けを明確かつ独自に定義するものである必要があります。

データとセキュリティについてはどうか?

最近まで、製造企業における IT 部門の主な役割は、社内のデータ センター、ビジネス システム、コンピュータ、ネットワークを保護することでした。スマート コネクティッド デバイスの出現により、状況は大きく変わりました。IT セキュリティの確保という任務は、今やあらゆる部門に関連しています。顧客にとって、データのプライバシーと、データから正当な価値を得ることの重要性も高まっています。全般的に見れば、スマート コネクテッドの世界でのセキュリティに関する知識とベスト プラクティスは急速に発展しています。

他社はどのように移行を成功させたか?

複数業務を展開する企業では、企業レベルでオーバーレイ構造が導入されています。たとえば、損益の責任を負う新部門を設立し、企業のスマート コネクティッド プロダクツ戦略のサポートを担当させます。この部門は必要な人材を集め、関係するすべての業務部門と連携しながら、こうした新しいサービスや製品を市場に投入するために必要なテクノロジと資産を結集します。Bosch Group は、こうした専門の部門 (Bosch Software Innovations) を立ち上げた企業の 1 つです。この部門によって、同社の製品ベースの業務部門と社外の顧客によるスマート コネクティッド プロダクツ向けのサービスの構築が可能になっています。