Blueprints and Feasibility Studies for Enterprise IoT (パート 2 / 3)

技術白書のダウンロード

Blueprints and feasibility studies for Enterprise IoT (パート 2 / 3)

Machina Research、2015 年 4 月

Blueprints And FeasabilityBlueprints and feasibility studies for Enterprise IoT モノのインターネットは、市場シェアを拡大し、コストを削減し、収益を増加させる新たな機会を企業にもたらします。しかし、製品に "IoT を放り込む" だけでそのメリットを享受できるわけではありません。

エンタープライズ システムおよびデバイスからサービス階層、クラウド ソリューションまで、複数のテクノロジ領域を組み合わせ、構成しなければなりません。それぞれの組織にそれぞれの機会を手にするための固有のアーキテクチャが必要である一方、どの企業でも IoT の 3 つの主要な領域の相対的な重要性を判断する必要があります。それらの領域とは、拡張性、機敏性、柔軟性です。組織はそれぞれ異なるため、Machina では、組織が自らの IoT 対応状況、機会、課題を見極めるための実現性評価を用意しました。

Machina Research によるこの技術白書をお読みいただけば、組織に固有の技術要件、不可欠な機能、IoT 実現性の判定基準が分かります。

フォームに必要事項を入力してこの技術白書を読む >>