Leica Microsystems お客様事例

予定外の非稼動時間を減らし、顧客の作業効率をアップ

顕微鏡および科学用機器の世界的リーダー Leica Microsystems は、従来の事後対応型カスタマー サービスから事前対応型サービス モデルに移行することで非稼働時間の発生を防ぎ、指標の監視に基づいて問題を予測できるようになり、これらが差別化につながることに気付きました。

Leica は、IoT プラットフォームをセキュリティで保護することにより、自己診断とリモート監視の新機能を短期間で市場に投入し、非稼働時間の短縮、試料の保護、ユーザーのセルフサービス機能の向上によって自社製品の価値を根本から高めることに成功しました。

機器をスマートかつコネクティッドにすることで Leica 社のサービス機能がどのように変革されたか、その詳細を確認するには、お問い合わせフォームを送信してケース スタディの全文をご覧ください。