モノのインターネット (IoT)

モノのインターネット (IoT) は、製造業界および製造の世界に変革の波をもたらしています。私たちが設計し製造する製品に、ソフトウェア、センサー、IP に対応した接続機能が組み込まれることがますます増えています。IDC では、接続機能を持つ "モノ" の数が 2020 年までには 300 億に達すると予測しています。

製造メーカーにとってモノのインターネットが持つ意味

モノのインターネット (IoT) は、製造業界および製造の世界に変革の波をもたらしています。私たちが設計し製造する製品に、ソフトウェア、センサー、IP に対応した接続機能が組み込まれることがますます増えています。IDC では、接続機能を持つ "モノ" の数が 2020 年までには 300 億に達すると予測しています。この変化は、個々の消費者およびグローバル経済全体にとっての価値の創出方法を抜本的に変えるものです。

ThingWorx IoT

ThingWorx は、インターネット接続時代に適したアプリケーションを構築、実行するための世界初のプラットフォームです。スマート コネクティッド プロダクツに合った革新的なアプリケーションを開発する際の時間、コスト、リスクを抑えることができます。

"モノのインターネット" というフレーズは、増大するスマート コネクティッド プロダクツを表し、こうした製品がもたらす新たなチャンスを浮き彫りにしています

製造メーカーにとって、新たに出現した "モノのインターネット" には大きな意味合いがあります。

最近の McKinsey Global Institute のレポートでは、以下のように指摘されています。

  • モノのインターネット (IoT) は、2025 年までに年間 6 兆 2,000 億ドルの経済効果をもたらす可能性がある。
  • また、全製造メーカーの 80 ~ 100 パーセントが、その頃までに IoT アプリケーションを使用していると予測される。
  • 予想される経済効果は、グローバルな製造業界だけでも 2 兆 3,000 億ドルに上る可能性がある。

IoT を促進しているのは、市場の力の集約と、実現テクノロジの並行イノベーションです。

このまたとない価値創出の機会を手にするため、製造メーカーは、製品の開発、運用、サービスの方法など、ほぼすべての事柄を考え直す必要性に迫られています。一方で、このような対応をとらないメーカーは、現在の競争上の優位性を危うくすることになります。

IoT を構成する 3 大要素は以下のとおりです。

  • スマート コネクティッド プロダクツ、製品システム、その他のモノの集まり
  • これらの "モノ" は、インターネットに似たコミュニケーション インフラストラクチャを介してつながりあっている
  • コミュニケーション インフラストラクチャは、新たな形の価値を生み出すコンピューティング インフラストラクチャにつながっている

モノのインターネットにおけるスマート コネクティッド プロダクツ

"モノのインターネット" は、インターネットに接続される製品の数が増え続けるという現象を表すために生まれた言葉であり、そのような製品が体現する新しい機会を表しています。しかし、この言葉だけでは、この現象やその意味を理解するのに十分ではありません。インターネットは、つなぐものが人か物かにかかわらず、情報を伝達するメカニズムにすぎません。このような変化をもたらす力を生み出しているのはインターネットではなく、"モノ" すなわち製品そのものの性質の変化です。

スマート コネクティッド プロダクツの持つ画期的な機能と、これらの製品が生成するデータが、新しい競争時代の到来を告げています。

  • 製品は環境にアクセスし、環境を監視できます。雨が降り始めると、車の窓が自動的に閉まるようになるかもしれません。
  • 機械の状態を監視しているため、問題に気づく前に、交換用の機械部品が工場に届くようになるかもしれません。
  • 航空機のリアルタイム リモート操作が軍部の "空の目" となり、安全が保たれるようになるかもしれません。

モノのインターネットにより "すべてが変わる" というのは、あまりにも単純な飛躍であり危険です。インターネットそのものがそうであるように、スマート コネクティッド プロダクツは、まったく新しい技術の可能性を作り出そうとしています。しかし、競争のルールと競争優位性は変わりません。スマート コネクティッド プロダクツの世界をうまくわたっていくには、つながりあう製品を作るにあたって、そのルールを今まで以上によく理解することが必要になります。