ダウンロード - 工学技術計算の標準化

製品開発システムでの工学技術計算の標準化

チーム、部門、企業などで工学技術計算を取り込み、文書化し、再利用する方法

How to capture, document and reuse engineering calculations within a team, department, and/or company設計が複雑化する中、設計に関する意思決定の内容、方法、理由の判断に利用される主要な解析を文書化し、取り込むことが不可欠になっています。成功する製品開発企業は、知的財産 (IP) を効果的に取り込んで保護していますが、製品をサポートし検証する解析は、個人のハードドライブ、サムドライブ、実験ノートに保管されていることがよくあります。このため、しばしばエンジニアは、ほかの人がすでに行った解析やその他の作業の繰り返し、または自分の作業内容の作成し直しがしばしば必要になります。

この技術白書をダウンロードして、管理しやすい段階に分けて工学技術計算の標準化を進めることによる、工学技術計算の取り込みと再利用の段階的な改善についてお読みください。

この技術白書の主な内容:

  • この技術白書では、グループ、部門、企業などでの工学技術計算の標準化について、成熟度モデルを適用しています。
  • エンジニアリングに関する日々の課題を表すユース ケースを通じて、お客様が成熟度モデルでの自社のレベルを特定するお手伝いをします。
  • 各ユース ケースは、成熟度モデルの 1 つのレベルを表し、次のレベルに進むためのベスト プラクティスを示しています。